シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎化学 1
(Fundamental Chemistry 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
生物有機化学 
担当者 (Instructor) 末次 正幸(SUETSUGU MASAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度以前入学者適用
集中講義:日程は理学部掲示板を確認すること 
テキスト用コード (Text Code) CD034 



授業の
目標
Course
Objectives
複雑な生命現象も,突き詰めると有機化学的な作用の集合であり,微視的にはすべて化学の法則にしたがう。この法則について理解する。 
Even complex biological phenomena are made up of microscopic organic compounds and continuous reactions, all of which follow the laws of chemistry and physics. By understanding the laws of reaction for organic chemistry, you can establish a basis for learning the characteristics of biomolecules and their complex and diverse reactionary systems.  
授業の
内容
Course
Contents
生命体は有機分子の集合体と捉える事ができる。そして無数の有機分子が作用し合う事で,複雑な生命現象を実現できている。よって生命を,分子のレベルまで掘り下げて,真に理解しようとするならば,「有機化合物の特性」とそれが織りなす「有機化学反応」とを知る事が不可欠である。具体的には,生化学反応を説明するのに必要な幾つかの基本的な有機化学法則を学ぶ。この法則を知れば,生体成分の特性や,複雑で多様な生化学反応も,単なる丸暗記ではない,論理的に説明し得るものとして理解できるようになるであろう。 
Organisms can be regarded as a collection of organic molecules. Complex life phenomena in the organisms are achieved through the actions of countless organic compounds. In order to truly understand life, we must dive down to the molecular level and learn about the characteristics of organic compounds and the chemical reactions weaved by those compounds.
The first half of these lectures will focus on the basics of organic chemistry necessary to explain biochemical reactions. By acquiring these basics, we can logically explain the characteristics of biological components and their chemical reactions. The second half will introduce the basics of biochemistry that will be followed upon in the next semester, applying those chemical reactions we learned about in the first half while discussing familiar biological topics. 
授業計画
Course
Schedule
1. (序論) 生命と化学 
2. 分子のなりたち 
3. 分子のかたちと電子の広がり1 
4. 分子のかたちと電子の広がり2 
5. 有機化合物の構造と命名法 
6. 酸と塩基(共鳴と誘起効果) 
7. 立体化学 
8. 酸化還元 
9. 求核置換、脱離、求電子付加 
10. カルボニル化合物の反応 
11. 糖と核酸  
12. アミノ酸、脂質、補酵素 
13. 生化学反応の有機化学的解釈 
14. 演習 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
Blackboardにアップした資料の内容について,教科書等をもちいながら理解する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中に行う小テスト(40%) 、最終テスト(Final Test)(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
『ホートン生化学(第5版)』(東京化学同人 2013 4807908340) 6章,7章
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
事前にBlackboardに講義内容をアップします。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP