シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生命理学実験2A
(Laboratory Experiments in Life Science 2A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 花井 亮(HANAI RYO)他 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) C103(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) C103(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) C103(Room)
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) C103(Room)
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) C103(Room)
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) C103(Room)
単位 (Credit) 5単位(5 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS3400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用,生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD039 



授業の
目標
Course
Objectives
自分で実験を行うことで、授業で学んできた生命理学を理解する。生命科学で広く利用されている基礎技術を習得し,データの読解,レポートの書き方などを学ぶ。 
Through hands-on experience, students will consolidate their foundation of life science they have built in lecture courses. They will learn basic techniques commonly used in life-science, data analysis methods, and structured report writing.  
授業の
内容
Course
Contents
生物化学の実験を行う。具体的には,(1)タンパク質の精製法 (2)タンパク質とタンパク質の相互作用、(3)DNAのトポロジーとトポイソメラーゼ、(4)DNAとタンパク質の相互作用、(5)F1-ATPaseの1分子観察と反応速度解析である。 
Students will carry out biochemical projects in (1) protein purification, (2) protein-protein interaction, (3) single-molecule and kinetics analyses of F1-ATPase, (4) DNA topology and topoisomerase, and (5) DNA-protein interaction.
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス
タンパク質の精製① 
2. タンパク質の精製② 
3. タンパク質の精製③ 
4. タンパク質の精製④ 
5. タンパク質とタンパク質の相互作用① 
6. タンパク質とタンパク質の相互作用② 
7. タンパク質とタンパク質の相互作用③ 
8. タンパク質とタンパク質の相互作用④ 
9. F1-ATPaseの1分子観察と反応速度解析① 
10. F1-ATPaseの1分子観察と反応速度解析② 
11. DNAのトポロジーとトポイソメラーゼ① 
12. DNAのトポロジーとトポイソメラーゼ② 
13. DNAとタンパク質の相互作用① 
14. DNAとタンパク質の相互作用② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
実験指針は前もって必ず読んでおくこと。必要に応じて,プロトコールを書いて実験に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実験への取り組み,小テスト,実験ノート(松山)(33%) 、レポート(花井)(33%) 、レポート(山田,末次)(34%)
テキスト
Textbooks
それぞれの分野の実験がはじまる前週までに,実験指針を配付する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
①ガイダンスおよび実験には遅刻せずに必ず出席のこと。
②実験には危険を伴う場合があるので,担当者の指示に従うこと。
③レポートの提出方法や期限についても各分野の担当教員の指示に従うこと。
④成績評価の内訳と割合は各教員によって異なる。
⑤レポートに対するフィードバックは,授業またはBlackboardを通じて行う。また,個別のフィードバック指導にも応じる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP