シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業研究
(Research Experiments) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 生命理学科全専任教員 
時間割 (Class Schedule) 通年他 (Full year Others)      
単位 (Credit) 8単位(8 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS4800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD071 



授業の
目標
Course
Objectives
各指導教員の研究室に所属し,設定した研究課題について一年間を通じ研究を行い,その成果を卒業論文として提出することで,未知なる知見の発見を目指す自然科学研究について理解を深める。 
Students will join the lab of their supervisor, conducting research on an assigned topic over the course of the year. They will present their findings in the form of a graduation thesis, deepening their understanding of what it means to conduct research in the natural sciences, which aims to discover yet unknown phenomenon. 
授業の
内容
Course
Contents
卒業研究は生命理学科における教育の集大成としての意味を持っている。卒業研究論文として最終的にまとめられる研究成果は,現時点では教科書にもインターネットのwebページ上にも記載されておらず,さらには指導教員ですら知らない新たな発見となる。そのため,卒業研究の遂行には,研究背景の理解や実験手法の習得,論理的思考や問題解決能力の獲得など,が必要不可欠であり,一年間を通じて各人が自主的かつ責任を持って研究に取り組む姿勢が重要である。指導教員という共同研究者とともに,世界の誰も知らない生命の神秘を紐解く知的興奮を,卒業研究を通じて体験できることを期待する。 
The Graduation Research serves as the culmination of one’s time studying in the Department of Life Science. The final results of the research, presented as a graduation thesis, represent a completely new discovery that cannot be found in any textbook or any webpage; knowledge unknown even to the supervisor. For that reason, completing the Graduation Research will enable students to learn various methods of conducting research and managing experiments, while sharpening their ability to think logically and solve complex problems. As such, the Graduation Research is an indispensable part of each student’s education. Thus, it is important for each student to actively and independently grapple with their research over the course of the year. The hope is for students to experience great intellectual stimulation as they collaborate with their supervisor to uncover a fragment of one of the many mysteries of life. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究テーマの設定 
2. 実験・観察・解析 
3. 実験・観察・解析 
4. 実験・観察・解析 
5. 実験・観察・解析 
6. 実験・観察・解析 
7. 実験・観察・解析 
8. 実験・観察・解析 
9. 実験・観察・解析 
10. 実験・観察・解析 
11. 実験・観察・解析 
12. 実験・観察・解析 
13. 実験・観察・解析 
14. 中間まとめ 
15. 実験・観察・解析 
16. 実験・観察・解析 
17. 実験・観察・解析 
18. 実験・観察・解析 
19. 実験・観察・解析 
20. 実験・観察・解析 
21. 実験・観察・解析 
22. 実験・観察・解析 
23. 実験・観察・解析 
24. 実験・観察・解析 
25. 卒業論文の執筆・プレゼンテーションの準備 
26. 卒業論文の執筆・プレゼンテーションの準備 
27. 卒業論文の執筆・プレゼンテーションの準備 
28. 卒業論文の執筆・プレゼンテーションの準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
それまでの結果をもとに,次になにをやるべきかを考えてくる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究に対する取組み姿勢と卒業論文で各研究指導教員が総合的に評価。(100%)
テキスト
Textbooks
教材等は指導教員が用意する。
参考文献
Readings
指導教員が別途指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP