シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CD120/植物科学 1
(Botany1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) X304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 旧科目名:植物科学 
テキスト用コード (Text Code) CD120 



授業の
目標
Course
Objectives
植物が持つ様々な特徴を,遺伝子,タンパク質,細胞,器官,個体,環境レベルで学ぶことで植物特有の「生き方」を理解する。 
Through examining the characteristics of plants at the level of genes, proteins, cells, organs, organisms, and environment, this course will give students an understanding of how plants live. 
授業の
内容
Course
Contents
植物は動物とは大いに異なる体制を進化させ,繁栄してきた。人類にとって現在のような地球環境の維持は重要な問題であるが,そのような環境が実現したのは植物の働きに依るところが大きい。また,農業生産上も植物の理解と有効利用は重要な課題である。植物は,炭素同化を行う光合成,移動性を持たない細胞,環境に柔軟に応答した体作り,他の生物との相互作用など幾つもの特徴を持つ。分子生物学の発展により,このような特徴が遺伝子や分子レベルで深く理解されるようになった。本講義では,植物の基本的成り立ちを細胞,組織,器官レベルで解説する。それを踏まえ,それらの役割を進化・適応,環境応答,発生・分化,生物間相互作用といった視点で捉え直す。さらにその中から,遺伝子レベルでの理解が十分進んでいる例を取り上げ,最新の研究結果についても触れる。また,植物における遺伝子組換え技術についても解説する。 
Plants have evolved to possess structures and systems that differ greatly from those found in animals, enabling them to thrive. Preservation of the current global environment is a major problem currently facing humanity; however the environment exists as it does in the first place largely due to the work of plants. Furthermore, for the sake of agricultural production, understanding plants and their effective uses is a subject of great importance. Plants carry out carbon assimilation in the form of photosynthesis, have cells that are immobile, and possess a flexible physical structure that adapts to its environment. They also have a few distinct characteristics regarding their interactions with other forms of life. With the advent of molecular biology, these characteristics are now able to be understood at both the genetic and molecular level. In this course, students will learn about how plants are organized on the level of their cells, tissue, and organs. With this foundation, the roles of the various structures and systems found in plants will be reexamined from the point of view of evolution, adaptation, environmental response, development, and differentiation. They will also be examined in the context of how plants interact with other living things. Specific examples which are already well understood on the molecular level will be discussed, and results of the latest research in the field will be touched upon. Lastly, genetic recombination techniques in plants will be discussed. 
授業計画
Course
Schedule
1. 植物研究と科学の発展 
2. 遺伝子組換え植物 
3. 植物細胞の特徴 
4. 種子と発芽 
5. 屈性 
6. 分裂組織と栄養成長 
7. 組織分化 
8. 葉の発生 
9. 根と花の発生 
10. 花成 
11. 胚発生 
12. 植物ホルモン1 
13. 植物ホルモン2 
14. 環境応答 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
参考図書は、講義内容を理解する助けとなるので、ぜひ目を通してほしい。また、図書館にある植物に関する様々な本にも目も向けると、植物学の楽しさや重要性を知ることができる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
リアクションペーパー(20%) 、宿題の提出と内容(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西谷和彦  『植物の生長』   裳華房  2011  978-4-7853-5845-7 
2. テイツ/ザイガー  『植物生理学・発生学』   講談社  2017  978-4-06-153896-2 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
レジメはBlackboardを通じて配付する。講義に関する質問はオフィスアワーやメール等で応じる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP