シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/分子細胞学 3
(Molecular Cytology 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 眞島 恵介(MASHIMA KEISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) X304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS3300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2013年度以前入学者は科目コード登録(CD132) 
テキスト用コード (Text Code) CD132 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では細胞の情報伝達,組織・幹細胞・がんなどの生命現象を分子のレベルで理解することを目標とする。 
This course aims to teach students about the nature of the signal transduction, tissue, and cancer at the molecular level. 
授業の
内容
Course
Contents
様々な生命現象を理解するためには,それらの生命現象を担う細胞を知る必要がある。細胞は多種多様な分子から構成されているが,その分子が共同して1つの系を作り上げ,細胞独自の機能を発揮することが出来る。そこで,細胞の情報伝達,組織構築に関わる分子を紹介し,それらの機能に関して講義をする。 
In order to understand diverse biological phenomena, it is necessary to understand cells, which contribute these biological phenomena. Cells consist of a wide variety of molecules, and these molecules make cooperatively a system and execute cellular functions. Therefore, we introduce cellular molecules involved in cell signaling and tissue construction. The diverse function of these molecules will be discussed. 
授業計画
Course
Schedule
1. 細胞の情報伝達1 
2. 細胞の情報伝達2 
3. 細胞の情報伝達3 
4. 細胞の情報伝達4 
5. 細胞の情報伝達5 
6. 細胞の情報伝達6 
7. 小テスト1 
8. 組織・幹細胞・がん1 
9. 組織・幹細胞・がん2 
10. 組織・幹細胞・がん3 
11. 組織・幹細胞・がん4 
12. 組織・幹細胞・がん5 
13. 組織・幹細胞・がん6 
14. 小テスト2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に指定のテキストで予習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
複数回の授業内レポートと授業内小テスト(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中村桂子・松原謙一  『Essential細胞生物学』   南江堂  2016  4524261990 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ALBERTS/JOHNSON/LEWIS/MORGAN/RAFF/ROBERTS/WALTER  『細胞の分子生物学』   ニュートン・プレス  2017  4315520624 
2. 上代淑人,‎ 佐藤孝哉 (翻訳)   『シグナル伝達 -生命システムの情報ネットワーク- 第2版』   メディカルサイエンスインターナショナル  2011  4895926923 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
必要に応じて資料を配付する 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP