シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CD133/生命理学実験法
(Methodology for Life Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 塩見 大輔(SHIOMI DAISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 5224(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD133 



授業の
目標
Course
Objectives
生命理学分野の研究で用いる実験方法について学ぶ。
実験方法は日進月歩である。しかし,最先端の技法といえども,それぞれの方法の原理は,分子生物学と生化学にある。
授業の目標は,実験の原理を十分理解することである。そうすれば,これから出てくる新しい方法も容易に利用できるようになる。 
Students will learn various experimental methods in life-science research. The goal of this course is to help students understand that the methods have their bases in molecular biology and biochemistry, thereby preparing students for future technological advances. 
授業の
内容
Course
Contents
(1) 共通基盤技術,(2) タンパク質の精製と同定,(3) ナノ・ミクロ・マクロの表現型の解析,の流れで,分子生物学・分子細胞生物学・生物化学の実験手法について解説する。 
Lectures on various experimental methods used in molecular biology, cell biology, and biochemistry.
1. Common generic techniques
2. Protein purification and identification
3. Phenotype analysis on the nano-, micro-, and macro-scales. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロ
核酸のゲル電気泳動 
2. プラスミドベクターとクローニング 
3. PCRとその応用 
4. DNAシークエンシング  
5. モデル生物とゲノム改変  
6. 光源と検出器 
7. 蛍光とその利用 
8. 細胞の観察 
9. SDS-PAGE、等電点電気泳動 
10. 抗体とその利用 
11. タンパク質の生産 
12. 細胞の破砕、遠心分離  
13. タンパク質の精製  
14. タンパク質の同定(遺伝子の決定)、解析、データベースの利用 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義資料は事前に配付するので,次回分をあらかじめ見て,「生命理学実験1・2A」や 講義で学んだことを復習したりすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小テスト3回(100%)
テキスト
Textbooks
講義資料を配付する。
参考文献
Readings
分子生物学・生化学・細胞生物学の教科書
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
配付する講義資料を映写しながら講義する。小テストに関する講評は、次回の講義時に行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP