シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CD134/生命理学ゼミナール 1
(Seminar in Life Science 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU)他 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) X207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS1520 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 学びの技法
生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD134 



授業の
目標
Course
Objectives
生命理学を学ぶ上で必要な基本的事項を,少人数のグループで詳しく学び,生命理学科における学習が円滑に進むようにする。 
In this course, students will learn the fundamentals necessary to study life science in small groups, ensuring their education in the Department of Life Science proceeds smoothly. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業と並行して行われる「生命理学基礎実験」の実験について,実験前に原理,手法,注意すべき点を詳しく学び,十分に理解した上で実験に臨めるように解説を行う。

実験後は得られた結果を持ち寄り,議論し,各テーマについての理解を深め考察する力を養う。またレポートの書き方や各テーマの課題の取り組み方についても解説する。

この他,必要に応じて生命理学科での学習に関連する課題などに取り組む。

履修者を4グループに分け,4名の教員が各々一つのグループを担当する。 
This course is to be taken concurrently with Basic Experiments in Life Science. Before each experiment, students will learn the relevant theory, methods, and safety information in detail so that they can conduct each experiment with confidence.
After each experiment, students will discuss the significance of the results they have obtained, cultivating a better understanding of the subject and honing their ability to think critically. Additionally, advice on how to write reports and how to handle each experiment topic will be given.
As the need arises, various subjects relating to students’ studies at the Department of Life Science will be discussed.
Students taking this course will be divided into four groups, with a different instructor being in charge of each group. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス,イントロダクション 
2. 「マウスの解剖」の解説 
3. 「タマネギ染色体の顕微鏡解析」の解説・「マウスの解剖」の考察 
4. 「大腸菌からのプラスミドDNA抽出」の解説・「タマネギ染色体の顕微鏡解析」の考察 
5. 「電気泳動法によるDNAの解析」の解説・「大腸菌からのプラスミドDNA抽出」の考察 
6. 「PCRによる遺伝子検査 1」の解説・「電気泳動法によるDNAの解析」の考察 
7. 「PCRによる遺伝子検査 2」の解説・「PCRによる遺伝子検査 1」の考察 
8. 「タンパク質の定量分析」の解説・「PCRによる遺伝子検査 2」の考察 
9. 「薄層クロマトグラフィー」の解説・「タンパク質の定量分析」の考察 
10. 「植物の遺伝 1」の解説・「薄層クロマトグラフィー」の考察 
11. 「細胞の生理的適応 1」の解説・「植物の遺伝 1」の考察 
12. 「細胞の生理的適応 2」の解説・「細胞の生理的適応 1」の考察 
13. 「植物の遺伝 2」の解説・「細胞の生理的適応 2」の考察 
14. 「植物組織の顕微鏡観察」の解説・「植物の遺伝 2」の考察 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業では積極的に自分の考えを述べること,またクラスメートと交流する力を養うことが大切である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業における参加態度(100%)
テキスト
Textbooks
『生命理学基礎実験 指針』
参考文献
Readings
必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・翌週の授業でフィードバックを行う。
・必修科目の「生命理学基礎実験」の内容をより深く理解するためにも、本科目の履修を強く勧める。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP