シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CD138/生命理学の最前線
(Advanced Lectures on Life Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU)他 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 4339(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS3020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD138 



授業の
目標
Course
Objectives
日々進歩を遂げている生命理学の最先端に触れ,理解を深める。  
This course aims to teach students about the frontiers of the life sciences, which progress with each passing day.  
授業の
内容
Course
Contents
生命理学科の専任教員が,各自の研究室で展開している研究を軸に,その周辺領域を含めて,生命理学の様々な分野における最先端を解説する。生命理学の分野は多様であり,また研究の進歩が速いため,各分野における最先端の状況を知ることは重要である。これまでに学んできた基礎的な知識が,最先端の生命理学を理解するためにも必要である。授業を聞くことにより,各研究室での研究に関する理解が深まるので,卒業研究のための研究室を選定する際のよい指針が得られる。  
Using the research being conducted in each full-time faculty member’s laboratory and related subjects as a focal point, this course will discuss the cutting-edge research taking place in various life science fields. The life sciences consist of a diverse array of fields. Research progresses at a rapid pace, and as a result, it is essential to keep up with what is being found at the frontiers of discovery. The fundamental knowledge students have learned thus far is also necessary for comprehending the latest life science research. Through taking this course, students will deepen their understanding of the research being conducted by each laboratory in the department. This understanding will prove useful when it comes time to select a lab to join for one’s Graduation Research.  
授業計画
Course
Schedule
1. 植物の発生とストレス応答(堀口) 
2. 翻訳後修飾のメカニズムと機能(後藤) 
3. タンパク質~分子機械~の機能解析(山田) 
4. 植物の進化をもたらした分子基盤(榊原) 
5. 細菌細胞表層の機能について(松山) 
6. ゲノムDNAのダイナミクス・non-coding RNA(関根) 
7. 合成生物学の最前線(末次) 
8. 細胞内シグナル伝達の制御(眞島) 
9. バクテリアの増殖制御機構(塩見) 
10. 生命現象を支える細胞増殖・細胞運動の制御(樋口) 
11. オルガネラの形と機能(岡) 
12. DNA:構造から進化まで(花井) 
13. 最先端の生命理学トピックス1 
14. 最先端の生命理学トピックス2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて資料等を配付するので,事前に目を通し授業の助けとする。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取り組み(100%)
備考(Notes)
授業への取り組みは、教員ごとにリアクションペーパー、小テスト、あるいは小レポートによって評価する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP