シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA288/専門演習1
(Seminar(2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) D602(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA288 



授業の
目標
Course
Objectives
社会科学に関して幅広く学び,具体的な社会現象を解明するための,研究の考え方を理解する。単に知識を暗記するのでなく,自分で仮説を作り,研究を企画し分析する一連の考え方と方法を理解することが重要。何らかの社会調査結果を用いての討論も行う。 
The purpose of this course is to develop broad knowledge of the social sciences and understand the thinking behind methods for researching concrete social phenomena. What is important is not only memorizing basic knowledge, but also understanding a series of ideas and methodology for making hypotheses, planning your own research, and analyzing data independently. We will also utilise the results of social surveys to carry out debates. 
授業の
内容
Course
Contents
まずテキストを用い,仮説構築やモデルの考え方など実証研究の具体例について学ぶ。自分で理論や仮説を作る方法を考える。その後,他のテキストや論文を読み,幅広く様々な分野の研究内容を理解する。理論と実証の往復を重視する。理論だけの社会学は無意味である。社会調査データの分析結果を用いた討論も行う。現実の社会に対する広い視野を持ち,自分自身で分析し,真実とは何か自分で判断する能力を重視する。 
First, by using a textbook, we will learn about concrete examples of empirical research, such as hypotheses construction and thinking associated with sociological modeling. You will also consider how to make your own theory or hypothesis. Next, by reading other texts and papers, we will look at the content of research in many sociological areas. It is important to think about a reciprocity between theory and exemplification. Sociology with only theory is meaningless. We will also utilize the results of social surveys to carry out debates. Students are required to cultivate a broad view of real society, and to develop the ability to independently analyze and consider what is the truth. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会学研究の特徴と問題点 
2. 時事問題をもとに討論 
3. 社会階層研究と格差,貧困,実力主義 
4. 相対的剥奪 
5. 選択的交際と社会統合 
6. 教育と社会的不平等 
7. 囚人のジレンマと秩序問題 
8. 総中流社会から格差社会へ 
9. 頭の中の日本社会 ―社会の認知 
10. どうして「社会は変えられない」のか 
11. 日本社会の勤勉性のゆくえ 
12. 社会への参加 ―誰が市民活動を担うのか 
13. 各自の分析結果を検討 
14. 分析結果の最終発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキストは必ず事前に読み,質問を考えてくること。ゼミ中の討論に活発に参加することが大切。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内の課題(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小林淳一・木村邦博編  『考える社会学』   ミネルヴァ書房  1991  978-4623021260 
2. 数土直紀編  『社会意識からみた日本 ―階層意識の新次元』   有斐閣  2015  978-4641174115 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 高坂健次他  『講座社会学1 理論と方法』   東京大学出版会  1998   
2. ロバート・パットナム   『孤独なボウリング―米国コミュニティの崩壊と再生』   柏書房  2006   
3. 平野浩  『変容する日本の社会と投票行動』   木鐸社  2007   
4. 原純輔・海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004   
5. 村瀬 洋一他編  『SPSSによる多変量解析』   オーム社  2007   
6. 吉川徹  『日本の分断 ―切り離される非大卒若者(レッグス)たち』   光文社  2018   
7. 橋本健二  『新・日本の階級社会』   講談社  2018   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
テキストはネット上書店で中古を購入するので良い。早めに購入し、まず序章と1章を読むこと。その他,内容について詳しくは村瀬研ホームページを参照。これまでの学生が作ったページも見てみること。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/

なお、6月下旬にゼミ論構想発表のためのゼミ合宿(2~4年合同)を行うので、必ず参加すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP