シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA332/労働社会学
(Sociology of Labor) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 李 旼珍(LEE MINJIN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA332 



授業の
目標
Course
Objectives
我々の生活やアイデンティティ形成の柱であり、我々に生きる意味や存在価値を与える基礎的なものである仕事について、また働くことをめぐって生じている諸問題について知り、理解する。 
Work is a basis to earn our livelihood and to form our identities. Work is also a basic element that gives meanings to our lives and existences. Students will learn and understand various issues surrounding work. 
授業の
内容
Course
Contents
働く人たちが自律的・主体的に働いているか、サービス部門で働く人たちは感情労働をしているか、ファストフード業で働く人たちはルーティン化された労働をするか、非正規雇用は自由・柔軟な働き方なのかそれとも不安定な働き方なのか、なぜ人々は長時間労働するのか、働く人に労働組合は必要なのか、などの論点別に職場の実態と産業・労働社会学で議論されていることを紹介する。 
This course will introduce students to various issues discussed in industrial and labor sociology. Do employees have a control or a discretion over their work? Do employees in service sector confront requirements of emotional labor? Do employees in fast-food industry carry out the routinized interactive service work? Are atypical employments flexible and free ones, or otherwise unstable and poor employments? Why people work long hours? Do workers need labor unions? 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction 
2. 仕事の自律性 
3. 仕事の自律性は仕事の満足度を上げるのか 
4. 感情労働はどの職業に求められるのか 
5. 感情労働は労働者のアイデンティティにどのような影響を与えるのか 
6. ファストフード業のルーティン労働 
7. 仕事とジェンダー 
8. 雇用システムはどのように変化しているのか 
9. 正社員の働き方 
10. 非正規雇用 
11. なぜ長時間労働をするのか 
12. ワークライフバランス 
13. 労働組合は労働者に必要であるか 
14. 新しい労働運動の台頭 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の具体的な指示は、授業内で適宜行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
フィードバックペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
テキストは特に指定しない。
参考文献
Readings
参考文献は、授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP