シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
仕事の社会学 
担当者 (Instructor) 李 旼珍(LEE MINJIN) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 9203(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA381 



授業の
目標
Course
Objectives
働く人たちの仕事意識やアイデンティティ,多様な働き方,企業のダイバーシティ・マネジメント,企業・労働組合・政府の働き方改革の動きについて考察し,調査を行い,報告書を作成する。  
Students will examine and report on work-consciousness of workers, their identities, various workstyles, corporate diversity managements, and reforms of workstyles by corporations, labor unions, and governments.  
授業の
内容
Course
Contents
仕事は我々の生活やアイデンティティ形成の柱であり,我々に生きる意味や存在価値を与える。近年,働き方が多様化している。正規(典型)雇用以外の非典型雇用形態が増えているだけではなく,正規雇用の中でも地域限定正社員,職種限定正社員,短時間正社員などが増えている。いわゆる多様な正社員が増えている。こうした動きと並行して,企業は男性だけではなく女性・外国人・高齢者・LGBTも働きやすい職場作りを目指すダイバーシティ・マネジメントを取り入れるとともに,働き方を改革しようと試みている。長時間労働をなくすための働き方の見直し,ワーク・ライフ・バランス制度の導入,第3の場所や自宅で働けるテレワークの導入、メンバーシップ型雇用システムからジョブ型雇用システムへの移行など,従来の働き方を変えるとともにより柔軟な働き方を可能にする諸制度が企業に導入されつつある。政府も働き方改革を掲げいろんな雇用政策を推進しており、労働組合も経営側に働きやすい職場づくりを提案する。そこで,本演習では,仕事世界の変化に伴い,働く人々の仕事に対する意識やアイデンティティについて考察するとともに,企業のダイバーシティ・マネジメントの実態や働き方改革の動きについて,考察・研究する。春学期には,仕事世界の変化・働き方改革や働く人々の仕事意識・アイディティティを考察するのに必要な視点を得るために,文献を講読し,議論する。秋学期は,春学期の議論を踏まえ,ゼミ生は各自演習で研究するテーマを決め,調査を行い,調査内容を分析し,まとめ,ゼミ報告書を完成する。  
Work forms our living and identities. It is one of essential elements that give meanings to our lives and existence. Workstyles have been diversified in recent years. Non-standard employments have increased. In addition, various forms of regular employment have appeared such as region-limited regular employees, job-limited regular employees, and short-work-hour regular employees. At the same time, reforms of workstyle have been underway thanks to the diversity management, which aims to create a workplace friendly not only to men, but also women, foreigners, seniors and sexual minorities. Corporations have been introducing various systems to allow more flexible working styles and to decrease overtime work. These include revising inefficient ways of working, introducing work-life balance programs, implementing teleworking programs to allow employees to work at homes or third places, and shifting from membership-based employment system to job-based one. In order to reform long-hours-working practices, governments have been promoting various employment policies, while labor unions also propose to create better workplaces to managements. In this seminar, students will examine workers’ identities and consciousness about working and living in changing working surroundings, as well as corporate diversity management and reforms of long-hours-working practices. In spring semester, students will read literatures in order to acquire perspectives required to analyze the above-mentioned changes in working surroundings. In autumn semester, students will decide their research topics, examine their research topics, and complete their seminar reports.  
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction  
2. 労働者,労働組合,雇用・労働政策、企業の人事制度などに関する新聞記事検索 
3. 文献講読 
4. 文献講読 
5. 文献講読 
6. 文献講読 
7. 文献講読 
8. 文献講読 
9. 文献講読 
10. ゲスト講師講義 
11. ゲスト講師講義 
12. 企業に関する調査・プレゼン 
13. 労働組合に関する調査・プレゼン 
14. 政府の雇用・労働政策に関する調査:プレゼン 
15. 研究テーマ発表 
16. 研究テーマ発表 
17. 研究テーマ発表 
18. 研究テーマ発表 
19. 調査結果発表 
20. 調査結果発表 
21. 調査結果発表 
22. 調査結果発表 
23. 調査結果発表 
24. ゼミ論文発表 
25. ゼミ論文発表 
26. ゼミ論文発表 
27. ゼミ論文発表 
28. ゼミ報告書総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
春学期の文献講読に際し,講読する文献を事前に読み,内容を把握し,疑問点,ディスカッションする論点などについて考えること。また秋学期の個人研究に際し,先行研究を幅広く検討したうえ,研究テーマの設定や構想を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への出席および発表・プレゼン (40%) 、ディスカッションへの参加(20%) 、報告書論文作成(40%)
テキスト
Textbooks
テキストは初回で提示する。
参考文献
Readings
参考文献は授業にて随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
社会学部科目「労働社会学」の履修が望ましい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP