シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
行動科学の研究法と計量社会学 (Research Method of Behavioral Science and Statistical Sociology) 
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 7201(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA383 



授業の
目標
Course
Objectives
現実の社会で起きている様々な現象について幅広く,科学的に分析する能力を身につける。様々な「社会の仕組み」を理解し、とくに的確な測定法と分析法を理解すること、個人行動と社会構造の関連について分析すること、国際的な視点を持って分析することを重視する。 
The purpose of this course is to develop students' ability to analyze various social phenomena in the real society broadly and scientifically. Understanding many kinds of social structure, especially understanding accurate measurement and analysis methods in sociology,and the relationship between personal behavior, and social structure is important. Conducting analysis based on an international perspective is also important. 
授業の
内容
Course
Contents
ミクロな個人行動は,マクロな社会現象にどのように結びつくでしょうか。個々人が便利さを追求して行動すると,環境問題など,社会的には問題が起きることがあります。また豊かな社会において高級品が売れる一方,フリーター増加や格差、人々の将来不安感が議論になるなど,日本社会にも変化が起きているようです。巨大な現代社会を把握するには科学的な社会調査や分析法が必要です。しかし,不適切な調査や分析も現実には多いのです。
このゼミでは,各自が自由にテーマを設定し,社会変動や社会階層,価値観,各種の不平等を中心に,参加行動や余暇活動,人間関係,教育,政治,環境問題などに取り組みます。本格的な社会調査データや,国際比較データを用いてデータ分析の練習をします。分析やパソコンが得意でなくても,やる気があればそれで良く,広い視野を持ち現実社会に興味を持つ人ならば誰でも歓迎します。まずテキストや,各自の分析結果をもとに発表と討論をします。次に,最新の論文講読やディベートなどをします。最後に各自のテーマによりゼミ論文を作成します。これらを通じて,知的生産の総合的能力の訓練をしたいと思います。 
How are micro personal behaviors related to macro social phenomena? When individuals pursue convenience, social problems such as environmental problems may occur. And in an affluent society, social changes may occur in Japanese society, such as increasing part time workers and social disparities, increasing people's anxiety about the future, while the sale of luxury goods is increasing. Scientific methodologies of social research and analysis are necessary to investigate this huge modern society. However, there are many inappropriate social studies and analyses.
In this seminar, students decide their research theme and investigate various kinds of contemporary social phenomena. Research themes include social change, social stratification, values, and various aspects of inequalities, participation behavior and leisure activities, human relations, education, politics, and environmental issues. We practice data analysis using national sample survey data and international comparative data. Even students who are not good at analysis will be fine. A student who has a motivation for empirical research, and who has a broad perspective and is interested in real society, is welcome. First, we will have presentation and discussion on academic research by using a textbook and results of students' analyses. Next, we will read and discuss the latest academic papers. Finally, students will write seminar papers on their own research subjects. In this course of one year, I would like to train student’s comprehensive ability of intellectual production behavior. 
授業計画
Course
Schedule
1. 演習の概要,各自テーマについて検討 
2. 学会誌掲載の論文について討論 
3. テキスト2章,及びデータベース解説 
4. テキスト3章,及び文献検索法について解説 
5. テキスト4章,及びホームページ作成解説 
6. テキスト5章,及び分析法の解説 
7. 分析実習 分析ソフトの基本1 
8. 分析実習 分析ソフトの基本2 
9. 分析実習 分析ソフトの基本3 
10. 学術書を用いた発表と討論1 
11. 学術書を用いた発表と討論2 
12. 分析実習 多変量解析の基礎1 
13. 分析実習 多変量解析の基礎2 
14. 分析結果発表と討論1 
15. 分析結果発表と討論2 
16. 学術書を用いた発表と討論3 
17. 学術書を用いた発表と討論4 
18. 学術書を用いた発表と討論5 
19. 学術書を用いた発表と討論6 
20. 分析実習 多変量解析1 
21. 分析実習 多変量解析2 
22. 分析結果発表と討論 重回帰分析とパス解析1 
23. 分析実習 多変量解析3 
24. 分析結果発表と討論 重回帰分析とパス解析2 
25. 学術論文に関する発表と討論 
26. 分析実習 各種の分析手法について1 
27. 分析実習 各種の分析手法について2 
28. ゼミ論発表 仮説と分析結果 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,前回までの内容を確認し,各自でよく復習しておくこと。社会調査法やデータ分析法については,他の科目も履修し理解すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミ中の討論と発表内容・期間中の提出課題・最終レポートにより評価(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐藤香  『ライフデザインと希望 (格差の連鎖と若者) 』   勁草書房  2017  4326648849 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 筒井淳也他編  『計量社会学入門 ―社会をデータでよむ』   世界思想社  2015  978-4790716716 
2. 村瀬洋一他編  『SPSSによる多変量解析』   オーム社  2007  978-4274066269 
3. 原純輔・海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004  978-4130520195 
4. 盛山和夫他編  『日本の社会階層とそのメカニズム ―不平等を問い直す』   白桃書房  2011  978-4561961246 
5. 数土直紀編  『格差社会のなかの自己イメージ』   勁草書房  2018  978-4326603046 
6. 田辺俊介編  『日本人は右傾化したのか』   勁草書房  2019  978-4326351794 
7. NHK放送文化研究所  『現代日本人の意識構造 第九版』   NHK出版  2020  978-4140912607 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
村瀬ゼミホームページに最新情報を掲載する。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP