シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地域共生と福祉の社会学(Sociology of Social Involvement and Welfare in Local Community) 
担当者 (Instructor) 野呂 芳明(NORO YOSHIAKI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 7203(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA385 



授業の
目標
Course
Objectives
 主に現代都市の地域社会に目を向け,少子高齢化,異質な他者との共生,地域の経済や政策等による社会の変容と市民生活の関連性について理論的,実践的に理解を深めることを目指す。 
 Students will focus on regional societies in modern cities. Students will deepen their theoretical and practical understanding about declining, aging society, co-existence with other different people, social changes due to regional economy and policy, and their relationships with our civil lives. 
授業の
内容
Course
Contents
 このゼミでは,地域の中でさまざまに展開している社会生活の実情,人びとの日常の暮らしをサポートしている自治体の諸政策の現状と課題,町内会等の地域団体や各種ボランティア・NPOの活動などを,「一つの全体」として相互関連的に検討し,分析する視点を養っていく。「私たちの生活は何によって可能となり展開するか?」をシステマティックに知ることを目指したい。そのために,ゼミの前半は共通テキストの講読により視野を広げ,夏休みに実施するゼミ合宿での討議を経て各人の問題関心を深める。年度の後半はゼミ生個々人の研究構想も踏まえつつグループ単位で研究・調査をおこない,成果をレポートにまとめていく。比較的長文の報告を執筆する経験を,4年次の卒業論文作成につなげることを目指す。 
 In this seminar, students will cultivate their perspective to discuss and analyze various conditions as a whole while considering relationships among these elements. Students will look at actualities of various social lives unrolling in regions, current policies and issues of local governments, how they support daily lives of people, community organizations, and various volunteer and NPO activities. Students will learn systematically about “What facilitates and makes our lives possible?” To do that, students will widen their perspective by reading some textbooks in the first half of this seminar. During summer vacation, students will participate in seminar camp to discuss and deepen their interests about their own research themes. In the second half of the year, students will consider their concepts through conducting group researches. Students will then complete their group reports. By writing relatively long reports, students will gain experiences required to write their graduation theses in the 4th year. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ゼミの進め方,テキストの決定 
3. テキストの講読:報告(1) 
4. テキストの講読:報告(2) 
5. テキストの講読:報告(3) 
6. テキストの講読:報告(4) 
7. テキストの講読:報告(5) 
8. テキストの講読:報告(6) 
9. テキストの講読:報告(7) 
10. テキストの講読:報告(8) 
11. テキストの講読:報告(9) 
12. テキストの講読:報告(10) 
13. 夏期休暇期間中の各自研究構想と講読文献の紹介(1) 
14. 夏期休暇期間中の各自研究構想と講読文献の紹介(2) 
15. 各ゼミ生の研究構想報告(1) 
16. 各ゼミ生の研究構想報告(2) 
17. 各ゼミ生の研究構想報告(3) 
18. ゼミ共同の研究・調査(1) 
19. ゼミ共同の研究・調査(2) 
20. ゼミ共同の研究・調査(3) 
21. ゼミ共同の研究・調査(4) 
22. ゼミ共同の研究・調査(5) 
23. ゼミ共同の研究・調査(6) 
24. ゼミ共同の研究・調査(7) 
25. ゼミ報告集のまとめ(1) 
26. ゼミ報告集のまとめ(2) 
27. ゼミ報告集のまとめ(3) 
28. ゼミ報告集のまとめ(4) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキストの講読においては,報告者,討議者,司会などの役割をゼミ生が順次担当する。活発な討議を通じ理解を深めるために,事前の予習を十分にしておくこと。秋学期のグループ研究では,図書や文献資料を自ら調べたり,大学外のフィールドに積極的に出て調査したりすることを推奨する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加の積極性(40%) 、授業期間内の複数レポート(20%) 、最終レポート(40%)
テキスト
Textbooks
未定。授業の最初にゼミ生と相談して決める。
参考文献
Readings
授業の中で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP