シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教育社会学(Sociology of Education) 
担当者 (Instructor) 中澤 渉(NAKAZAWA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 9303(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA386 



授業の
目標
Course
Objectives
教育や階層に関する文献講読を通じて,教育の問題を,単なる体験談や感情論ではなく,論理的かつ科学的に取り上げ,分析する力を身につける。 
The aim of this course is to develop an understanding of the issues related to education with a logical and sociological point of view by reading literature on sociology of education and social stratification. 
授業の
内容
Course
Contents
 どの国にも学校教育システムは存在し,ほとんどの子どもは学校に通う。高等教育への進学率は上昇し,今や中等教育学歴はほぼ必須要件となり,高等教育を終えることは,それによって利益をえるというよりは,むしろ就職のための必要条件となりつつある。つまり現代社会は,学校の影響力が社会の隅々にまで浸透した学校化社会である。
 しかし一方で,個人の支払う教育費は高騰し,多くの家計を苦しめている。学校教育に対する不信感も強まっている。当たり前の存在と化している学校が,社会的な意義を根本から問われるという逆説的な時代にある。この演習では,困難な時代にある教育について,社会学的な考察を行いたい。
 春学期では,教員の指定した文献を講読し,社会学的な基礎力を養う。ゼミ員をいくつかのグループで分けて,グループごとにその文献を発表し,議論してもらう。
 秋学期では,学生の関心に基づき,特定の教育問題についてグループのメンバーと調べ学習をしたり、研究の進捗状況について報告してもらう。量的な分析を行って研究を行いたい場合は、あらかじめ関連する社会調査法の授業を履修しておくこと。秋学期の作業の総まとめとして、報告書を執筆してもらう。
 
Every nation has its own formal educational system, and most children attend school. The advancement rate to higher education is now increasing. This implies that completing secondary education is an essential requirement for social life. A college degree is no longer just a requirement for earning a higher salary or acquiring a higher occupational status or just a prerequisite for employment. The contemporary society can now be regarded as a “schooled society.”
On the other hand, many households suffer because of the rising tuition fees for higher education. Many people have distrust in school. Paradoxically, while it is considered natural to attend school, schools are fundamentally questioned for their value and role in our society. In this course, we attempt to comprehend these difficult contemporary educational issues from a sociological point of view.
During the spring semester, members have to read literature that has been specified by the professor in advance. Groups are made and each group has to make a presentation regarding the literature.
During the autumn semester, members are assigned to groups depending on their interests. Students have to work with their group members to write a final paper. To complete the paper, they have to collect documents, interview informants, and analyze quantitative data. I recommend that students should take courses related to designing social survey and statistics in advance, if they plan to analyze quantitative data. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読とディスカッション1 
3. 文献講読とディスカッション2 
4. 文献講読とディスカッション3 
5. 文献講読とディスカッション4 
6. 文献講読とディスカッション5 
7. 文献講読とディスカッション6 
8. 文献講読とディスカッション7 
9. 文献講読とディスカッション8 
10. 文献講読とディスカッション9 
11. 文献講読とディスカッション10 
12. 文献講読とディスカッション11 
13. 文献講読とディスカッション12 
14. 文献講読とディスカッション13 
15. 後期のガイダンス・後期の研究テーマ決め 
16. 研究テーマに関する文献講読1 
17. 研究テーマに関する文献講読2 
18. 研究テーマに関する文献講読3 
19. 研究テーマに関する文献講読4 
20. 研究テーマに関する文献講読5 
21. 研究テーマに関する文献講読6 
22. 班ごとの研究発表1 
23. 班ごとの研究発表2 
24. 個人研究報告1 
25. 個人研究報告2 
26. 個人研究報告3 
27. 個人研究報告4 
28. 個人研究報告5 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献講読の発表,ならびに後期の作業の発表は,班ごとに責任をもって,やってもらいます。したがって,授業時間以外の作業や準備が不可欠となります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
割り当てられたプレゼン(40%) 、普段のディスカッションへの参加(20%) 、最終的な報告書(40%)
備考(Notes)
出席は評価を行う前提です(出席だけで加点されることはありません)。5回以上欠席した場合は,不合格とします。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 近藤博之・岩井八郎  『教育の社会学』   放送大学教育振興会  2015年  9784595315374 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中澤渉  『日本の公教育-学力・コスト・民主主義』   中央公論新社  2018年  9784121024770 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP