シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
縮小社会におけるコミュニティ再考 
担当者 (Instructor) 西山 志保(NISHIYAMA SHIHO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) X101(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA388 



授業の
目標
Course
Objectives
急速なグローバル化に伴い、コミュニティという「場」において,社会問題が生み出されるメカニズム,コミュニティ形成の動きなどに注目し,国際比較の視点を取り入れながら,理論と実践によって分析することを目指す。グループワーク,ディスカッション,プレゼンテーション等への積極的参加が求められる。 
Students will focus on mechanisms with which social issues on development of community, where daily lives are conducted. Students will make comparisons across countries’ borders when analyzing these theoretically and practically. Students must participate actively in group works, discussions, and presentations. 
授業の
内容
Course
Contents
様々な社会問題が発生している「コミュニティ」に注目し,グローバルな動きとローカルな動きの中で,コミュニティが直面している問題状況を整理し,それに対してどのような解決方法があるのか,市民,自治体の役割は何か検討し,分析する手法を学ぶ。コミュニティをめぐる諸理論を学び,問題について深く考える視点を身につけることを目指す。前半では,ゼミのメンバ-がテキストの講読,報告を行い,論点について議論する。後半では,各自の問題意識に基づき,報告書の作成やヒアリングの方法を学ぶ。卒業論文作成に向けて問題意識の形成,課題の設定を行う。 
Students will focus on communities troubled by various social issues following rapid globalization, organizing actualities of issues facing communities amidst global and local movements. Students will then learn how to discuss and analyze solutions for these issues, while understanding roles of citizens and local governments. Students will learn various theories about communities. They will gain perspective to think about these questions deeply. In the first half, students will read textbooks, reports, and discuss about these topics. In the second half, depending on their issue awareness, students will create reports and learn interview methods. Students will form their issue awareness and choose their subjects as preparation for their graduation theses. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス,目標設定 
2. グローバル化とコミュニティの諸問題 
3. コミュニティをめぐる諸理論 
4. 文献講読① 
5. 文献講読② 
6. 文献講読③ 
7. 文献講読④ 
8. 文献講読⑤ 
9. グループディスカッション① 
10. グループディスカッション② 
11. グループディスカッション③ 
12. グループディスカッション④ 
13. 春学期全体討論 
14. 春学期のまとめ 
15. ガイダンス,目標設定 
16. コミュニティの形成主体 
17. 文献講読① 
18. 文献講読② 
19. 文献講読③ 
20. 文献講読④ 
21. 文献講読⑤ 
22. 各自報告① 
23. 各自報告② 
24. 各自報告③ 
25. 各自報告④ 
26. 各自報告⑤ 
27. 秋学期全体討論 
28. 報告書に向けての報告会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
コミュニティをめぐる諸問題について文献リストを提供するので,事前に予習をしてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、平常点(リアクションペーパー20%、演習での発言20%)(40%) 、演習内ので報告(20%)
備考(Notes)
3分の2以上出席していない場合は,成績評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
演習内で適宜指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP