シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習2
(Seminar(3rd Year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
格差・不平等の社会学-階層・ジェンダー・民族/国籍の視点から- 
担当者 (Instructor) 岩間 暁子(IWAMA AKIKO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) A303(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA389 



授業の
目標
Course
Objectives
格差や貧困,社会的排除などの不平等問題に関する文献講読と議論を通じて幅広い視野,分析力,論理的かつ柔軟な思考,社会学的想像力の習得を目指す。 
By emphasizing reading, discussion, and critical thinking skills, this seminar for juniors helps students build the foundation for a deeper understanding of theory and methods in sociology of social inequality, and write a seminar thesis through a peer review process where you and other students evaluate each other’s work and give feedback. 
授業の
内容
Course
Contents
グローバリゼーションや産業構造の転換,高齢化,新自由主義的政策の影響などにより,先進国では格差の拡大や貧困問題への対応がこれまで以上に大きな課題となっている。特に日本では,少子高齢化の進展による労働力不足に対応する必要性が高まっているにもかかわらず,「移民」の受け入れについての本格的な政策的議論はなされず,また,女性がこれまで担ってきたケア役割を軽減したり,男女間の格差を抜本的に是正する政策は乏しい。つまり,民族的マジョリティである日本人,とりわけ日本人男性を主体とした社会運営が依然として続いている。この授業ではこうした不平等の問題に対して「階層・階級」「ジェンダー」「民族・国籍」という3つの分析軸に基づいて複眼的に分析する。また,日本の現状を相対化するため,欧米諸国や韓国などとの国際比較や歴史的視点も重視する。春学期は共通文献の講読や討論を通じて,基礎力を養う。秋学期は各受講者の関心に基づいた個人報告とテーマ別のグループ・ディスカッションを中心に授業を進め,最終的にはゼミ論文(原稿用紙で40~50枚程度) としてまとめ,ゼミ論文集を作成する。論文の執筆にあたっての研究手法は問わないが,資料やデータなどによる裏付けに基づく実証的アプローチの採用を奨励しており,ランダムサンプリングで収集されたデータを用いた量的分析(2次データの分析),インタビュー調査,フィールドワークなど,研究テーマに適した研究手法を選択することが求められる。なお,量的分析を用いたゼミ論文の執筆を予定している場合には,「社会統計学」「多変量解析」のほか,可能な限り「社会調査演習」を履修することが望ましい。 
While Japan faces the serious concerns of rapid aging and very low birthrate, the gap between rich and poor has grown under globalization and the neo-liberal reform undertaken since the late 1990s. Moreover, the gender gap continues to persist and the huge disparities of working conditions and others between Japanese nationals and foreign nationals still persists. This seminar examines social inequality issues from the perspectives of social stratification, gender, nationality and ethnicity. This seminar for juniors consists of three parts: (1) students read several textbooks on social inequality issues with a critical eye, make a summary of each chapter of the textbooks, make an effective presentation and discuss in the first semester; (2) students are required to present a research proposal for a seminar thesis outlining the research topic to be studied and its background, the purpose and the significance of the study, research method and the list of major previous studies at the first class in the second semester; (3) students are required to write a seminar thesis with about 20,000 Japanese characters thought reporting on their progress weekly at the group organized by research topics. Students can improve their writing skills through a peer review process where they evaluate each other’s work and give feedback. Specific advice will be given by the professor. Only students who submit the seminar thesis can get academic credit and are eligible for writing a graduation thesis for seniors in the next academic year. 
授業計画
Course
Schedule
1. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論1 
2. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論2 
3. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論3 
4. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論4 
5. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論5 
6. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論6 
7. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論7 
8. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論8 
9. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論9 
10. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論10 
11. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論11 
12. 格差・不平等に関するテキストの輪読と討論12 
13. 総括討論1 
14. 総括討論2 
15. ゼミ論文集に関する説明と今後の計画の相談 
16. ゼミ論文の構想発表1 
17. ゼミ論文の構想発表2 
18. ゼミ論文の構想発表3 
19. 研究テーマ別のグループ作業と討論1 
20. 研究テーマ別のグループ作業と討論2 
21. 研究テーマ別のグループ作業と討論3 
22. ゼミ論文の中間発表1 
23. ゼミ論文の中間発表2 
24. グループ別に原稿のピアレビュー1 
25. グループ別に原稿のピアレビュー2 
26. 最終原稿の確認1 
27. 最終原稿の確認2 
28. ゼミ論文集のタイトルや目次の決定 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
前回までの授業内容を確認し,復習しておくこと。また,授業と関連する資料や文献などを自ら調べ,その成果をゼミ全体で共有することを奨励する。秋学期のゼミ論文の執筆に向けては,自らたてた研究計画に基づき,主体的に取り組むこと。社会的状況が許せば,希望者を募り,ゼミテーマと関連する施設・団体の見学なども予定している。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーションおよびディスカッション(40%) 、出席および複数レポート(20%) 、ゼミ論文(40%)
テキスト
Textbooks
未定 (1回目の授業時に提示する)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 岩間暁子/ユ・ヒョヂョン  『マイノリティとは何か-概念と政策の比較社会学』   ミネルヴァ書房  2007  4623048721 
2. 岩間暁子  『女性の就業と家族のゆくえー格差社会のなかの変容』   東京大学出版会  2008  4130561030 
3. 吉田健正  『大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方(第2版)』   ナカニシヤ出版  2004  4888488681 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゼミ時以外の連絡にはメーリングリストを用いる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP