シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA432/計量社会学
(Metric Sociology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 9203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC3110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA432 



授業の
目標
Course
Objectives
計量分析の手法を用いた社会学研究の考え方と具体例を学び,最新の研究法について,分析の手順や因果関係についての考え方を身につけることを主な目的とする。計量を用いた研究は,現代における社会学の主流であり極めて重要なものである。計量を用いると,把握が難しい社会の姿を直接観察し社会の全体像を捉え,現実の社会を適切に分析できる。 
The main purpose of this course is learning the idea and concrete example of sociological research with quantitative data analysis. It is important to learn the analysis procedure and the concept on causality in the latest research methods. Research with statistical analysis is the mainstream and extremely important in modern sociology. By using the quantitative method, it is possible to directly observe the appearance of a society that is difficult to grasp, and to understand the oveview of the society, and to analyze the actual society appropriately. 
授業の
内容
Course
Contents
まず,社会科学における実証研究はどのような手順で行われるかを理解する。次に,社会の特徴をどう測定するか, 日本社会をいくつの階層に分ければ良いか等について考える。とくに社会格差(所得や権力などの社会的資源の不平等分配の構造)を中心的な問題関心とする。調査データを分析する計量分析の手法が,実際にどのように適用されているか解説する。また,それを通じて,社会学の考え方と方法論について理解を深める。統計学ではなく,計量手法を用いた研究の具体例を中心に解説する。日本社会についてのビデオ映像を用いて、社会の特徴やその測定についての討論も行う。 
First, we will understand the procedure of empirical research in the social sciences. Next, we will think about how to measure the characteristics of society, and how many stratifications Japanese society should be divided into. In particular, we focus on social inequality (the structure of unequal distribution of social resources such as income and power). We will explain how the quantitative analysis method for analyzing social survey data is applied. Through this, we will deepen our understanding of the ideas and methodologies of sociology. I will mainly explain concrete examples of research using quantitative methods rather than statistics. We will also discuss the characteristics of society and its measurement using movies of Japanese society. 
授業計画
Course
Schedule
1. 計量社会学入門 ―理論と調査と分析をどうつなげるか 
2. 社会学における実証研究のプロセス 
3. 社会を測定することの難しさと問題点 
4. 社会の測定とは何か ―格差・貧困 
5. 社会の測定とは何か ―社会移動と世襲、二世問題、世代間継承 
6. 社会構造と社会変動とは何か 
7. 近代化とメリトクラシー 
8. 日本社会の特徴 ―マクロデータの時系列分析 
9. 社会現象の予測と因果関係の説明 
10. 因果メカニズムと疑似相関について 
11. 社会構造分析の問題点 
12. 将来予測は可能なのか 
13. 社会正義の測定 
14. 社会科学の問題点と今後の課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の内容を各自で十分に復習すること。基礎的な社会調査法と統計学は各自で理解しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内の課題(30%)
テキスト
Textbooks
とくに指定しない。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 与謝野有紀他編  『社会の見方,測り方―計量社会学への招待』   勁草書房  2006  4326601868 
2. 盛山和夫他編  『日本の社会階層とそのメカニズム―不平等を問い直す』   白桃書房  2011  4561961240 
3. ロバート・パットナム  『流動化する民主主義先進8カ国におけるソーシャル・キャピタル』   ミネルヴァ書房  2013  4623053016 
4. 数土直紀  『信頼にいたらない世界 ―権威主義から公正へ』   勁草書房  2013  432665385X 
5. 筒井淳也他編  『計量社会学入門 ―社会をデータでよむ』   世界思想社  2015  4790716716 
6. 村瀬 洋一他編  『SPSSによる多変量解析』   オーム社  2007  4274066266 
7. 原純輔・海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004  4130520199 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
村瀬研ホームページを参照。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP