シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA561/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 李 旼珍(LEE MINJIN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 4254(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA561 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文作成の前半作業として,卒業論文の題目を決めるまでの作業を行う。 
Students will work on deciding subjects of their graduation theses, which is the former task in writing the graduation theses. 
授業の
内容
Course
Contents
卒業論文のテーマとして,若年労働、高齢者労働、女性労働、男性労働、雇用形態(働き方)の多様化,ワーク・ライフ・バランス問題など働くことに関連するテーマを考えている学生を対象に卒業論文作成の指導を行う。卒業論文の題目の決定に至るまでの作業,すなわち,関心のあるテーマに関連する文献調べ,テーマと関連する先行研究のレビュー,テーマと関連するデータ調べ,テーマの確定などの一連の作業を行う。ゼミ生は,数回にわたる報告やディスカッションを通じて,卒業論文のテーマのオリジナリティを高めることを目指してほしい。
テーマを決め仮説を設定するに至るまでは,先行研究のレビューが非常に重要な作業なので,授業では卒論題目届の時期(6月末)までゼミ生に先行研究の検討作業を中心的に行ってもらい,順次報告してもらうつもりである。 
Students examining the following topics will receive instructions to help them write their graduation theses: young peoples' labor, elderly people's labor, female labor, male labor, various forms of employment, work-life balance, and other topics about working. To decide topics of their graduation theses, students will be required to search literatures related to their topics, to review previous studies on topics, to investigate data related to topics, and to finalize their themes. Students are able to develop an originality of their graduation thesis themes through several presentations and discussions in class.
Reviewing previous studies is extremely important when deciding a theme of graduation thesis and establishing research hypotheses.  
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction 
2. 全受講生の卒論テーマ発表 
3. テーマと関連する先行研究一覧発表 
4. テーマと関連する先行研究のレビュー報告1 
5. テーマと関連する先行研究のレビュー報告2 
6. テーマと関連する先行研究のレビュー報告3 
7. テーマと関連する先行研究のレビュー報告4 
8. テーマと関連する先行研究のレビュー報告5 
9. テーマと関連する先行研究のレビュー報告6 
10. 卒論構想発表1 
11. 卒論構想発表2 
12. 卒論構想発表3 
13. 卒論構想発表4 
14. 全受講生の夏休み中の卒論作成計画発表 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ディスカッションへの参加(40%) 、授業時発表(60%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP