シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA563/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) 7203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA563 



授業の
目標
Course
Objectives
明確に研究目的を設定し,目的と結論が一貫した論文の構成をまず作る。適切な仮説構築を行う。目的や仮説なしの卒論とならないよう注意。論文完成までの時間の計画をまず自分で作ること。 
At first students decide their research purpose clearly. Students will make a main structures of dissertations that are consistent in purpose and conclusion. It is also important to make appropriate hypotheses. Students should take care not to make theses without purposes or hypotheses. Students should first make their time schedule plans to complete dissertations. 
授業の
内容
Course
Contents
まず文献検索を行い,学術書や,学術雑誌掲載の論文を読むこと。研究の最前線を把握した上で,卒業論文のテーマを設定する。1年間で生産的な結果が期待できるテーマを設定する。学問のための時間を確保し自主的に努力すること。「時間の使い方」の訓練は,とても重要。次に,目的と仮説,データの取り方,分析法,予想される結果を明確にして,研究計画を立てる。研究目的(研究の結果,新しい知見として何が在れば良いのか)を具体的に決めて,目的に適したデータ収集法,分析法を設定する。
卒業論文の作成過程を通じて,調査法,分析法や,資料作成法,発表法など,卒業後も役立つような「仕事の進め方」を身につける。以下の手順で進め,提出までの仕事の計画を自分で作成する。これらをふまえて本格的な調査や分析作業に入る。ゼミでの討論も重視する。各自が積極的に途中経過を発表し討論に参加すること。なおデータ分析法に関する実習も行う。 
First, students should search and read academic books and articles published in academic journals. After understanding the forefront of research, decide the theme of your graduation thesis. It is important to think on a theme that you can expect productive results in one year. Training on how to use your time is very important. Then, clarify the purpose and hypothesis, how to obtain your data from society, analysis method, expected result, and make your research plan. You will decide the purpose of your research (specifically, what should be the new findings as a result of research), and will decide the data collection method and analysis method suitable for your research purpose.
Through the process of preparing your graduation thesis, you will learn how to proceed with work, such as survey methods, analysis methods, material preparation methods, presentation methods, etc., that are useful even after graduation. Create your own work plan up to final paper submission. Discussion in the seminar is also important. Students should actively present their research progress and participate in discussions. In addition, practice on data analysis will be also conducted. 
授業計画
Course
Schedule
1. テーマ設定のために文献検索を行い集めた先行研究を発表 
2. 学術書について発表1 
3. 学術書について発表2 
4. 学術論文について発表1 
5. 学術論文について発表2 
6. 具体的なテーマを設定 
7. テーマに関する先行研究を発表 
8. 研究計画の作成(目的,方法,仮説を明確に計画を完成させる) 
9. 卒論経過の中間報告1 
10. 卒論経過の中間報告2 
11. 卒論構想発表会 
12. 卒論の計画を再度確認 
13. 学生対象などの予備的調査 
14. 今後の調査と分析の計画を確定 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の発表準備を計画的に行うこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内の課題(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原純輔・海野道郎  『社会調査演習 第2版』   東京大学出版会  2004  4130520199 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 川喜田 二郎   『発想法 改版 ―創造性開発のために』   中央公論新社  2017  978-4121801364 
2. 板坂 元  『考える技術・書く技術』   講談社  1973  978-4061157279 
3. 木下 是雄  『理科系の作文技術』   中央公論新社  1981  978-4121006240 
4. 野口 悠紀雄  『「超」文章法』   中央公論新社  2002  978-4121016621 
5. 三輪 哲・林 雄亮  『SPSSによる応用多変量解析』   オーム社  2014  978-4274050114 
6. 本多 勝一  『新版 日本語の作文技術』   朝日新聞出版  2015  978-4022618450 
その他(Others)
まず先行研究の内容を十分に把握し整理すること。また,自分自身の批判意見を書くこと。第三者が読んで分かりやすい文章となるよう,各自で参考文献の内容を把握し,工夫すること。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
卒論の構成や書式についてはゼミホームページ参照。6月下旬に卒論構想発表会のためにゼミ合宿を行う。必ず参加すること。
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP