シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA564/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 野呂 芳明(NORO YOSHIAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA564 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文作成の前半作業として,構想を明確にするとともにテーマの決定をおこなう。 
For the first half of Thesis Writing Seminar to write graduation theses, students will clarify their concepts and decide their subjects. 
授業の
内容
Course
Contents
「論文」を作成するためには,自身の問題関心がどこにあるかを自ら明らかにしていかなければならない。「問い」を導き出す作業は決して易しいことではなく,繰り返し自らに問い質していく必要がある。この作業を共同の場で進めることができるのが演習形式授業のメリットだといえる。
春学期の「卒業論文演習1」では,卒業論文テーマの決定を目標とし,そのための問題関心の明確化,先行研究の収集と検討,論点の提出と整理などの基礎的なプロセスをおこなう。それをふまえ,夏期休暇中に,合宿形式による中間報告会を催す予定である。 
To write their theses, students must clarify which issues they are interested in. Discovering their questions is not easy as students must repeatedly ask themselves questions. Class in seminar format is advantageous as it allows students to carry out this process in a communal place.
In Thesis Writing Seminar 1 of spring semester, students will aim to determine their graduation thesis subjects. To do that, students will carry out basic processes, i.e. clarify issues they are interested in, collect prior researches, discuss about them, submit their arguments, and organize them. Then students will participate in interim report meeting in summer seminar lodging trip. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 各自の卒業論文構想報告(1) 
3. 各自の卒業論文構想報告(2) 
4. 各自の卒業論文構想報告(3) 
5. 各自の卒業論文構想報告(4) 
6. 論文作成中間報告(1) 
7. 論文作成中間報告(2) 
8. 論文作成中間報告(3) 
9. 論文作成中間報告(4) 
10. 論文作成中間報告(5) 
11. 論文作成中間報告(6) 
12. 論文作成中間報告(7) 
13. 論文作成中間報告(8) 
14. 論文作成中間報告(9) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
このゼミでは,全員が順次,卒業論文の構想発表および中間報告をおこなうので,事前の準備を必ずしておくこと。また,自分の報告の番でない時には,他のメンバーの報告について積極的にコメントをすること。受けたコメントは自身の論考に反映させるよう努める。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加の積極性(40%) 、授業期間内における複数回の報告(60%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
参考文献や資料は,授業の中で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
対面での授業を原則とするが、コロナ感染の広がり等を勘案し、随時オンライン授業に切り替えて実施する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP