シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA566/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 前田 泰樹(MAEDA HIROKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 9202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA566 



授業の
目標
Course
Objectives
 卒業論文の作成に向けて、研究テーマを設定する。テーマに沿った先行研究の検討にあわせて、分析方法に習熟し、資料・データの収集に着手する。 
The purpose of this class is to write a graduation thesis. Participants are required to set a research theme, review previous research, learn qualitative methods, and begin collecting data for their graduation thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
 卒業論文演習1では、卒業論文を作成するための研究テーマを設定することが重要である。テーマに沿った先行研究の検討を行うことにより、自らの問い自体を深めていくとともに、分析方法にも習熟していく。また、テーマに沿った資料・データの収集をおこない、必要に応じて、先行研究や分析方法の検討に立ち返る。これらの往復運動を重ねることにより、自らの研究テーマを確定する。 
A research theme for the graduation thesis will be set. By examining previous research in line with the theme, participants will clarify their questions themselves and become familiar with qualitative methods. In addition, they will collect materials and data in line with the theme. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 研究テーマを設定する(1) 
3. 研究テーマを設定する(2) 
4. 先行研究と方法の検討(1) 
5. 先行研究と方法の検討(2) 
6. 先行研究と方法の検討(3) 
7. 先行研究と方法の検討(4) 
8. 先行研究と方法の検討(5) 
9. 調査の企画・計画・着手(1) 
10. 調査の企画・計画・着手(2) 
11. 調査の企画・計画・着手(3) 
12. 調査の企画・計画・着手(4) 
13. 調査の企画・計画・着手(5) 
14. 調査の企画・計画・着手(6) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
オンライン上でのやりとりが重要であるため,大学アドレスのメールを常にチェックし,指定課題関連書類をBlackboard上で管理しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
定期的な指定課題の提出(50%) 、ミーティング・面談への参加(50%)
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP