シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA567/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岩間 暁子(IWAMA AKIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 9204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA567 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文の完成に向けて春学期は問題設定の明確化,先行研究のレビュー,仮説の構築,研究方法の決定,用いる資料やデータの収集に向けての準備を進める。 
In order to submit a graduation thesis by the middle of December, students read articles, books and other related materials about the topic that interests them, make a research question based on their review, formulate research hypothesis and decide research methods.  
授業の
内容
Course
Contents
各自の卒業論文のテーマに基づいて問題設定の明確化,先行研究のレビュー,仮説の構築,研究方法の決定,用いる資料やデータの収集に向けて具体的に準備を進めるよう指導する。この他に,参考文献を用いて論文の構成や文章の書き方,参考文献の引用の仕方などの論文執筆法についての説明もおこなう。演習では受講生の主体性に基づく個人報告と討論をベースとしながら指導する。以上の成果を9月に実施予定の合宿形式の中間報告会で報告しあう。 
As the first part of completing a graduation thesis, students are required to collect information on the topic of interest including articles, books, statistics and other related materials, narrow or limit it and finally make a research question, followed by formulating research hypothesis and deciding research methods. These are summarized as the research proposal for the graduation thesis. Specific advice will be given by the professor through the process. Students are expected to start conducting a survey into the topic during summer vacation. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション(年間スケジュールの確認,個人報告の順番の決定など) 
2. 報告とディスカッション1 
3. 報告とディスカッション2 
4. 報告とディスカッション3 
5. 報告とディスカッション4 
6. 報告とディスカッション5 
7. 報告とディスカッション6 
8. 報告とディスカッション7 
9. 報告とディスカッション8 
10. 報告とディスカッション9 
11. 報告とディスカッション10 
12. 報告とディスカッション11 
13. 報告とディスカッション12 
14. 9月実施予定の合宿に向けての打ち合わせ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
卒業論文の執筆に関わって進めた内容をレジュメにまとめて毎月1回、報告すること(合計4回)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への出席,授業内の報告の水準,ディスカッションへの参加度,論文の進行状況により総合的に判断する(100%)
備考(Notes)
卒業論文の執筆はあくまでも受講生の主体性に基づくことを理解して進めること。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 吉田健正  『大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方(第2版)』   ナカニシヤ出版  2004  978-4888488686 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
原則として全授業回数対面実施予定だが,新型コロナウイルスの感染状況に応じてZoomを利用したオンラインに切り替える。授業外での連絡は,大学のメールアドレスを登録したゼミのメーリングリストを用いておこなうため,メールチェックを怠らないこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP