シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA568/卒業論文演習1
(Thesis Writing Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小倉 康嗣(OGURA YASUTSUGU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 7253(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA568 



授業の
目標
Course
Objectives
 卒業論文の作成に向けて、探究の労苦に値するだけのやりがいある研究テーマを見出し、みずからの問いを練りあげていく。と同時に、先行研究の検討、視点と方法の形成、資料・データの収集をおこなう。 
 As students work toward their graduation theses, they will expend great efforts on digging up researches. Greater efforts in these processes will help students to find research subjects they are truly interested in and develope their questions. At the same time, students will discuss about prior researches, form their perspectives and methods, collect documents and data. 
授業の
内容
Course
Contents
 自分はいったいなにを問い、なにを明らかにしたいのか。「原問題」(調査研究のために戦略的に設定する問いやテーマの根っこにあって、おのれを突き動かし、生きるための課題として自覚されてくるもの)はなんなのか。自身の問題意識を掘り下げ、価値ある問いを発見し、それを練りあげていく作業、そして先行研究を検討し、自身の視点と方法を見定めていく作業を、各自の発表をめぐるゼミ生全員での対話と議論によっておこなっていく。
 ゼミは、みずからの純粋な問題意識を共同の議論の場に解き放ち、お互いに皆の胸(他者の身体=経験や感情)を借りながら対話できるという貴重な機会である(自分の発表の経験だけではなく、他のゼミ生の発表を聴いてなにかを感じとり、自分と照らしあわせて考えコメントする経験も、当然そこに含まれる)。それは、卒論作成のためにみずからのテーマを掘り下げ、他者に伝達可能な知にしていくことに資するという意味でも、もっと広く生涯においてこういう機会はなかなかないという意味でも、である。
 そんな贅沢な時間をどうか無駄にしないように、積極的に参加し、自由闊達に発言してほしい。 
 Students will ask themselves what they are truly asking and what they truly want to clarify. What is the “root question”? (Questions that students recognize as essential for them to take the initiative and live. These form the foundation of subjects and strategically established questions used to investigate and research.) Students will dig deep into their question awareness and discover questions they find valuable, develope these questions, discuss prior researches, and determine their perspectives and methods. Students will accomplish these through their presentations and dialogues with everyone in the class.
 In this seminar, students will present their unfiltered awareness about questions in a communal place for discussion. This is a precious opportunity for students to have dialogues with others (other physical beings = experiences and emotions). The reason is that opportunities such as contribute to digging deep for their graduation thesis subjects and making them into knowledge comprehensible for others. Moreover, opportunities such as are extremely rare even in their vast lives.
 Students should not waste such precious time. They should actively participate and freely present their views. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. みずからの問題意識を掘り下げる① 
3. みずからの問題意識を掘り下げる② 
4. みずからの問題意識を掘り下げる③ 
5. みずからの問題意識を掘り下げる④ 
6. みずからの問題意識を掘り下げる⑤ 
7. 先行研究および視点と方法の検討① 
8. 先行研究および視点と方法の検討② 
9. 先行研究および視点と方法の検討③ 
10. 先行研究および視点と方法の検討④ 
11. 調査の企画・計画・着手① 
12. 調査の企画・計画・着手② 
13. 調査の企画・計画・着手③ 
14. 調査の企画・計画・着手④ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 卒業論文は、まずもって自分自身のために書くものである。自分を問いなおす作業は、自分が生きているこの社会を問いなおすことにつながる。自分を豊かにしていくために、自分がよりよく生きていくために切実に考察され、意味と価値を生みだしていくような卒業論文は、おのずと「みんな」=他者や社会に響きうるものになるはずである。
 学ぶことは生きること。「これをやらなければ生きていけない」というような、自分にとって切実で価値あるテーマを掘り下げていってほしい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(50%) 、対話・議論への参加の積極性(50%)
テキスト
Textbooks
 適宜指示する。
参考文献
Readings
 適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP