シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DA585/卒業論文演習2
(Thesis Writing Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
卒業論文の完成 
担当者 (Instructor) 中澤 渉(NAKAZAWA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9303(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DA585 



授業の
目標
Course
Objectives
4年間の集大成として、卒業論文を完成させる。 
Complete the graduation thesis as a compilation of four-year college life. 
授業の
内容
Course
Contents
受講生は、このゼミで執筆の進捗状況について詳細に報告し、ゼミの中で受けたコメントをもとに修正を続けることで論文を完成させる。12月に卒論を提出した後は、各自卒業論文の内容について報告してもらう。 
Students will present the progress of their graduation thesis in detail, and revise it by incorporating peer suggestions. After submitting their graduation thesis in December, they have to present the content of their graduation thesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション(割り当て、卒論提出にあたっての注意など) 
2. 進捗状況報告(1) 
3. 進捗状況報告(2) 
4. 進捗状況報告(3) 
5. 進捗状況報告(4) 
6. 進捗状況報告(5) 
7. 進捗状況報告(6) 
8. 進捗状況報告(7) 
9. 進捗状況報告(8) 
10. 進捗状況報告(9) 
11. 進捗状況報告(10) 
12. 卒論発表(1) 
13. 卒論発表(2) 
14. 卒論発表(3) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は必ず全員の前で進捗状況報告、完成した卒論の報告をそれぞれ1回行う。またそれと別に、1回は教員の個別指導を受けること。具体的な面談の時期などについては、初回の授業時に相談する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告(20%) 、授業への参加度(発言など)(10%) 、最終的な卒業論文(70%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 白井利明・高橋一郎  『よくわかる卒論の書き方』   ミネルヴァ書房  2013  9784623065721 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP