シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DE295/Reading Sociology in English 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 木村 忠正(KIMURA TADAMASA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 9201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMS2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DE295 



授業の
目標
Course
Objectives
英語文献の輪読を通して、メディアコミュニケーションの社会学における基礎的な知識や考え方を学ぶ。英語と日本語のバイリンガルで論理的に考え、意見を述べられる能力を身につける。 また、本授業は少人数の演習形式で行われる。グループディスカッションやレジュメの作成と発表のスキルも学んでいく。 
We will learn the basic knowledge and ideas in the sociology of media communication through reading English literature. Students will acquire the ability to think logically and express their opinions bilingually in English and Japanese. In addition, this class will be conducted in the form of small group exercises. Students will also learn skills in group discussion and resume writing and presentation. 
授業の
内容
Course
Contents
メディアコミュニケーション研究に関する英語文献を講読し、メディアコミュニケーションとはなにか、メディアコミュニケーションを学ぶことにはどのような意味があるのか、メディアコミュニケーション研究にはどのような展開がありうるのか、などを学んでいく。今年度は、アメリカにおけるソーシャルメディア世代を分析し、広く反響を呼んだ Twenge(2017)"iGen: Why today's super-connected kids are growing up less rebellious, more tolerant, less happy." をもとに、ネット普及に伴う社会的変化について、グループワークも含め、調査研究に取り組み、論理的思考力を涵養するとともに、メディアコミュニケーションと社会との関係についての理解を深める。 
We will review English literature on media studies to learn what media communication is, what it means to study media communication, and how media communication studies can be developed. This year, based on Twenge's (2017) widely-revered analysis of the social media generation in the US, "iGen: Why today's super-connected kids are growing up less rebellious, more tolerant, less happy.", we will engage in research and study, including group work, on the social changes that accompany the spread of the Internet, to cultivate logical thinking skills and deepen our understanding of the relationship between media communication and society. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読と討論(Ch.1) 
3. 文献講読と討論(Ch.2) 
4. 文献講読と討論(Ch.3) 
5. 文献講読と討論(Ch.4) 
6. 文献講読と討論(Ch.5) 
7. グループワーク中間報告 
8. 文献講読と討論(Ch.6) 
9. 文献講読と討論(Ch.7) 
10. 文献講読と討論(Ch.8) 
11. 文献講読と討論(Ch.9) 
12. 文献講読と討論(Ch.10) 
13. グループワーク報告 
14. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回かならず文献を事前に読み、レジュメを作成しておくこと。テキストは、
Twenge, J. M. (2017). iGen: Why today's super-connected kids are growing up less rebellious, more tolerant, less happy--and completely unprepared for adulthood--and what that means for the rest of us. Simon and Schuster. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、授業内課題とディスカッション(70%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Twenge, Jean M.  iGen   Simon and Schuster  2017  9781501152016 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP