シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DE591/卒業論文演習2
(Thesis Writing Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 川畑 泰子(KAWAHATA YASUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) X102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMS4820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DE591 



授業の
目標
Course
Objectives
専門演習1〜2、前期でのゼミ研究活動を元に、自身の掲げる研究テーマにおける先行研究、調査活動、議論展開ができるようになり、卒業論文執筆に繋げる。また、最終報告(プレゼンテーション)ができるようになる。 
Based on the seminar research activities in the first two semesters of the Seminar for Advanced Studies, students will be able to conduct prior research on their own research theme, conduct surveys, and develop discussions, which will lead to writing their graduation thesis. In addition, students will be able to make a final report (presentation).
 
授業の
内容
Course
Contents
専門演習1〜2、前期でのゼミ研究活動を元に、自身の掲げる研究テーマにおける先行研究、調査活動、議論展開ができるようになり、卒業論文執筆に繋げる。また、学術論文執筆なども視野にいれて、先行研究、それらに付随するデータ分析なども進めていく。 
Based on the seminar research activities in the first two semesters of the Seminar for Advanced Studies, students will be able to conduct prior research on their own research theme, conduct surveys, and develop discussions, which will lead to writing their graduation thesis. Students will also be able to conduct prior research and analyze the data associated with that research, with a view to writing academic papers.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 進捗確認(1) 
2. 進捗確認(2) 
3. 先行調査(1) 
4. 先行調査(2) 
5. 追加分析の精査(1) 
6. 追加分析の精査(2) 
7. 論文骨子の議論(1) 
8. 論文骨子の議論(2) 
9. 仮提出 
10. 仮案の見直し(1) 
11. 仮案の見直し(2) 
12. 最終報告にむけて(1) 
13. 最終報告にむけて(2) 
14. 卒業論文提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究室限定SNS(Slack)及びに、Zoomなどを活用して指導、研究関連情報の共有を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
定期的な報告、プレゼンテーション(50%) 、ディスカッション、面談への参加度(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP