シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DK134/公共性の社会学
(Sociology of the Public Sphere) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
コミュニティにおけるガバナンスの国際比較 
担当者 (Instructor) 西山 志保(NISHIYAMA SHIHO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOX2110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DK134 



授業の
目標
Course
Objectives
欧米やアジアの諸都市で発生しているコミュニティの問題に対して,政府や市場,市民など多様な主体が協力しながら問題解決に取り組む過程を,ガバナンス(協治)という視点から捉え,そのメカニズムや役割分担を考察する。 
Students will analyze community issues in Europe, US, and Asia, as well as problem resolution process involving government, market, citizen, and other parties. Students will do these through governance perspective, while analyzing its mechanisms and roles. 
授業の
内容
Course
Contents
まちづくりや都市再生を促すガバナンスの実態を,都市政策やパートナーシップ政策との関わりや市民セクターの活動実態,行政との協働などから分析する。とりわけ草の根レベルで活動を担う市民活動団体(NPO/ NGO),社会的企業の具体的なケース・スタディの国際比較から,問題解決能力を身につけることを目指す。 
Students will analyze current state of city building and revitalization by referring to relationships between city and partnership policies, activity of citizen sector, and collaboration with government. Students will be able to solve issues by comparing specific global case studies of social enterprise, NPO, and NGO working in shadow of public spotlight. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 福祉国家の転換とガバナンス論の広がり 
3. ガバナンス型まちづくりとは何か 
4. ガバナンスを担う社会的企業の可能性 
5. パートナーシップ政策とガバナンス(イギリス) 
6. イギリスの事例分析 
7. 新自由主義的ガバナンスの行方(アメリカ) 
8. アートによる地域再生(フランス) 
9. ゲストスピーカーによる講演 
10. アセット・マネジメントとまちづくり 
11. 中心市街地の再生(日本) 
12. 日本の事例(映像) 
13. コミュニティガバナンスの可能性 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示します 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内ワークシート提出(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西山八重子編  分断社会と都市ガバナンス   日本経済評論社  2011  978-4818821712 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP