シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DK193/東日本大震災RDYプロジェクト2
(RDY Project for the Great East Japan Earthquake 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現地に行きつづけることの意味と記憶の継承 
担当者 (Instructor) 小倉 康嗣(OGURA YASUTSUGU)
田北 康成(TAKITA YASUNARI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 4時限(Period 4) X107(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOX2440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 人数制限科目(12名) 
テキスト用コード (Text Code) DK193 



授業の
目標
Course
Objectives
 あの東日本大震災で被災した現地(宮城県気仙沼市唐桑町、岩手県陸前高田市)を訪ね、震災前から現地に暮らす人びと、震災をきっかけに移住してきた人びととの交流を積み重ねながらフィールドワークをおこない、そこで発見したこと、気づけたことを現地にフィードバックしつつ記録・記憶・記述し、立教生ができることとはなにかを考え、発信・実践していきます。そして、これらの取り組みを通して、現地に行きつづけ、記憶を継承していくことの意味とはなにかを考えます。 
 In this course, students are expected to visit the local areas (Karakuwa Town, Kesennuma City, Miyagi Prefecture and Rikuzentakata City, Iwate Prefecture) that were affected by the Great East Japan Earthquake. Students are required to conduct fieldworks while accumulating interactions with people who lived in the area before the earthquake and those who had emigrated after the earthquake. Students are also required to record, memorize, and describe what they discover and become aware while providing feedback to the local community. Finally, students are expected to consider what Rikkyo students can do and let others know it to carry it out. Through these efforts, we will consider what it means to continue to visit the area and pass on memories. 
授業の
内容
Course
Contents
 東日本大震災RDY(立教生ができることをやろう)プロジェクトは、2012年からこれまで9年間にわたり、毎年学生たちを現地(宮城県気仙沼市唐桑町、岩手県陸前高田市)に派遣してきました。この間、代々築き、育まれてきた現地の人びととの関わり・交流の地道な積み重ねがあり、この継続的な活動の蓄積によって得られたものの意味や価値は、震災から時がたてばたつほど、学生にとっても、現地の人びとにとっても、ことのほか大きくなっていっているのを感じます。
 このような状況を背景として、以下の3つの側面からこの活動の意味を考え、さらに新たな現地活動を展開し、積み重ねていきます。
 (1)長年にわたる活動と関係性の積み重ねによって、現地の人びととの深い関わりや現地への深い関心を抱くことが可能になり、「いま行くことにこそ意味があると感じた」という学生の声が多くあがっています。その意味とはなんでしょうか。
 (2)継続的な関わりの積み重ねのなかで現地の人びとからの信頼も深まっており、震災後の現地の人びとの状況の変化にささやかながらも伴走してきたという側面からも、現地に継続して行くことの意味がますます大きくなっていっているのを感じます。その意味とはなんでしょうか。
 (3)9年26回にわたる活動の積み重ねのうえに得られた貴重な資料や情報が、未整理のまま膨大に蓄積されています。それらを、上述のニーズに応えうるようなさらなる活動の展開に生かしていくために、吟味・考察していきます。 
 RDY (Rikkyôseiga Dekirukotoo Yarô) project for the Great East Japan Earthquake has been sending students to the local areas (Karakuwa Town, Kesennuma City, Miyagi Prefecture and Rikuzentakata City, Iwate Prefecture) every year for eight years since 2012. During these times, we have gained steady accumulated relationships with the local people that have been built and nurtured for generations. The meaning and value of what has been gained from this continuous accumulation of activities has grown significantly for both the students and the local people as time has passed since the earthquake disaster.
 With this situation in mind, this course considers the meaning of this activity from the following three aspects and develop and accumulate new local activities:
 (1) By accumulating long-term activities and relationships, it has become possible to deeply engage with the local people and deepen their interest in the local area. Many students say, “I felt that it was meaningful to go there now”. What does that mean ?
 (2) The trust of the local people has been deepening as a result of this continuous engagement. We also feel that the significance of continuing project in the local area is increasing from the aspect that we have modestly contributed to the changes in the local people's situation after the earthquake disaster. What does that mean ?
 (3) A large amount of valuable documents and information have been obtained through the accumulated twenty-four times activities over eight years. This course examines and considers them in order to utilize them for further development of activities that can meet the above needs. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 履修者それぞれの問題意識を探る① 
3. 履修者それぞれの問題意識を探る② 
4. これまでの現地活動経験から① 
5. これまでの現地活動経験から② 
6. これまでの現地活動経験から③ 
7. 現地活動資料の収集・整理・読み込み① 
8. 現地活動資料の収集・整理・読み込み② 
9. 現地活動資料の収集・整理・読み込み③ 
10. 現地活動に向けて各自の問題意識の発表① 
11. 現地活動に向けて各自の問題意識の発表② 
12. 現地活動の企画・準備① 
13. 現地活動の企画・準備② 
14. 現地活動の企画・準備③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 履修者は、授業への参加だけではなく、現地活動の企画・準備・実施および現地活動後の作業(現地へのフィードバックや記述・発信のためのブログ原稿等の執筆・編集、現地の方々への確認のやりとり、その他)をおこなうことになります。
 いずれも、通常の授業ではかなかできない非常に貴重な経験ですが、そのぶん、履修者各自の主体性と責任感が強く求められます。そのことを、しっかり心得ておいてください。
 また、授業内容の性質上、授業時間を延長することがしばしばあります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
現地活動およびその企画・準備作業への貢献と授業への参加の積極性(60%) 、現地活動を記述・発信するための資料やブログ原稿等の作成とその関連作業(40%)
テキスト
Textbooks
 適宜指示します。
参考文献
Readings
 適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
 履修申請時に課すレポート(教務事務センターおよびR Guideで配布される履修申込書に記入)によって本プロジェクトへの適合性を判断し、履修者(上限12名)が選抜されます。
 現地活動は3月11日をはさんで3泊4日程度でおこなう予定です。現地活動のすべての行程に参加することが必須です。旅費・宿泊費は一定程度補助される予定です。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP