シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
備考参照/コミュニケーションセミナー日本語6D
(Communication Seminar Japanese 6D) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
作文(さくぶん) 
担当者 (Instructor) 日本語教育センター教員 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 9B03(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016~2019年度入学者対象(外国人留学生入試による入学者のみ) 
テキスト用コード (Text Code) DM083 



授業の
目標
Course
Objectives
中級(ちゅうきゅう)前半(ぜんはん)修了(しゅうりょう)レベルの学習者(がくしゅうしゃ)を対象(たいしょう)とする。これまでに学習(がくしゅう)した文型(ぶんけい)を使(つか)って,レポートや作文(さくぶん)を書(か)く力(ちから)をつけることを目的(もくてき)とする。 
This course is designed for students who have completed the first half of intermediate-level study. The purpose of this course is to develop students’ ability to write reports and compositions utilizing sentence patterns they have already learned.  
授業の
内容
Course
Contents
レポートの構成(こうせい)について学習(がくしゅう)し, 1,200字(じ)程度(ていど)のレポートを書(か)き,それについてのフィードバックを行(おこな)う。きちんとした構成(こうせい)で文章(ぶんしょう)が組(く)み立(た)てられているかを重視(じゅうし)するため,最初(さいしょ)は与(あた)えられた構成(こうせい)パターンに従(したが)いながらレポートを作成(さくせい)する練習(れんしゅう)を繰(く)り返(かえ)す。  
Students will learn about the structure and summarization of reports and compositions, writing composition of 800 to 1200 words each class and getting feedback on their work. Because the focus will be on whether or not students have properly structured their compositions, they will repeatedly practice writing reports in line with a prescribed format at first.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション,プレレッスン 
2. L1-①:内容(ないよう)理解(りかい)とテーマの整理(せいり) 
3. L1-②:構成(こうせい) 
4. L2-①:内容(ないよう)理解(りかい)とテーマの整理(せいり) 
5. L2-②:構成(こうせい) 
6. L1-③:フィードバック 
7. L3-①:内容(ないよう)理解(りかい)とテーマの整理(せいり) 
8. L3-②:構成(こうせい) 
9. L2-③:フィードバック 
10. L4-①:内容(ないよう)理解(りかい)とテーマの整理(せいり) 
11. L4-②:構成(こうせい) 
12. L3-③:フィードバック 
13. まとめ 
14. 期末(きまつ)テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要(ひつよう)な準備(じゅんび)学習(がくしゅう)については,毎回(まいかい)の授業(じゅぎょう)で指示(しじ)する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業(じゅぎょう)への参加度(さんかど)(40%) 、課題(かだい)・宿題(しゅくだい)(30%) 、期末(きまつ)テスト(30%)
テキスト
Textbooks
プリント教材(きょうざい)。課(か)ごとに授業内(じゅぎょうない)で配布(はいふ)する。各課(かくか)のテーマは以下(いか)の通(とお)りである。
「世界(せかい)の高校生(こうこうせい)の意識(いしき)調査(ちょうさ)」
「待機(たいき)児童(じどう)」
「メディア・リテラシー」
「裁判員(さいばんいん)制度(せいど)」
など、4つのテーマを扱(あつか)う。
参考文献
Readings
授業(じゅぎょう)で適宜(てきぎ)紹介(しょうかい)する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スケジュールや内容(ないよう)は調整(ちょうせい)する場合(ばあい)がある。
原則(げんそく)として全(すべ)ての授業回(じゅぎょうかい)対面(たいめん)実施(じっし)を予定(よてい)。
COVID-19による入国制限(にゅうこくせいげん)でキャンパスに来(こ)られないなどの学生(がくせい)は,オンラインで授業(じゅぎょう)が受(う)けられるので,日本語教育(にほんごきょういく)センターに相談(そうだん)すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP