シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
備考参照/コミュニケーションセミナー日本語4-5A
(Communication Seminar Japanese 4-5A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本の小説,詩
Novel, Poem in Japan 
担当者 (Instructor) 日本語教育センター教員 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) X207(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016~2019年度入学者対象(外国人留学生入試による入学者のみ) 
テキスト用コード (Text Code) DM088 



授業の
目標
Course
Objectives
プレイスメントテストでJ4,J5レベルにプレイスされた学生(がくせい)を対象(たいしょう)とする。参加者(さんかしゃ)が,「道具(どうぐ)」として日本語(にほんご)を用(もち)いることによって,授業(じゅぎょう)を理解(りかい)し,日本(にほん)の小説(しょうせつ)や詩(し)についての理解(りかい)を深(ふか)めることを目指(めざ)す。 
This class is targeted for the students who are placed into J4-J5 level in the Placement Test. This class is conducted in Japanese as much as possible with Japanese vocabularies and sentence patterns that participants have already learned. Participants are expected to understand my lesson by using Japanese as “a tool.” This class aims to deepen participants’ understanding about Japanese novels or poems. 
授業の
内容
Course
Contents
演習(えんしゅう)3A,3Bでは,日本(にほん)の小説(しょうせつ)と詩(し)をテーマとして授業(じゅぎょう)を行(おこな)う。授業(じゅぎょう)はJ3修了(しゅうりょう)レベルの日本語(にほんご)を使用(しよう)して実施(じっし)する。 毎学期(まいがっき),複数(ふくすう)の小説(しょうせつ)や詩(し)を取(と)り上(あ)げ,それらの作品(さくひん)を通(とお)して,現代(げんだい)日本(にほん)の社会(しゃかい)や文化(ぶんか),そして日本人(にほんじん)の考(かんが)え方(かた)などについての理解(りかい)を深(ふか)める。さらに,小説(しょうせつ)や詩(し)の解釈(かいしゃく)について各自(かくじ)で考(かんが)え,クラス内(ない)で意見(いけん)を交換(こうかん)することによって内容(ないよう)に対(たい)する理解(りかい)を深(ふか)める。これまで参加者(さんかしゃ)が勉強(べんきょう)してきた日本語(にほんご)を「道具(どうぐ)」として使(つか)って,日本(にほん)文化(ぶんか)や日本(にほん)社会(しゃかい)を学(まな)ぶ。そのため,日本語(にほんご)クラスのような「日本語(にほんご)テスト」は行(おこな)わず,参加者(さんかしゃ)がどれだけ積極的(せっきょくてき)にテーマについて学(まな)んだかを評(ひょう)価(か)する。 
The exercise 3A and 3B deal with Japanese novels and poems as a theme. One or two novels and poems are dealt with in each semester and through such novels or poems participants can deepen understanding about modern Japanese society and culture, and Japanese way of thinking and so on. This class is not “a Japanese class.” Participants learn Japanese culture and society, using Japanese that they have learned so far as “a tool.” Therefore, unlike a Japanese class, “a Japanese test” is not conducted and the evaluation is focused on how proactively participants learned about a theme. 
授業計画
Course
Schedule
1. Guidance and Introduction 
2. Topic 1 
3. Topic 2-1 
4. Topic 2-2 
5. Topic 2-3 
6. Topic 3-1 
7. Topic 3-2 
8. Topic 3-3 
9. Topic 4-1 
10. Topic 4-2 
11. Topic 4-3 
12. Topic 4-4 
13. Presentation 
14. Presentation 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備(じゅんび)学習(がくしゅう)については,毎回(まいかい)の授業(じゅぎょう)で指示(しじ)する。
Instructions will be given in class.  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業(じゅぎょう)への参加度(さんかど) (30%) 、課題(かだい)・宿題(しゅくだい)(30%) 、レポートやプレゼンテーション(40%)
テキスト
Textbooks
日本語(にほんご)学習者向(がくしゅうしゃむ)けに書(か)かれた短編(たんぺん)小説(しょうせつ),加工(かこう)無(な)しの長編(ちょうへん)小説(しょうせつ)と詩(し)など。
Printed Teaching Materials.
参考文献
Readings
指定(してい)しない。
Nothing assigned.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スケジュールや内容(ないよう)は調整(ちょうせい)する場合(ばあい)がある。
The schedule and contents may be adjusted.
原則(げんそく)として全(すべ)ての授業回(じゅぎょうかい)対面(たいめん)実施(じっし)を予定(よてい)。
As a general rule, all classes will be held face-to-face.
COVID-19による入国制限(にゅうこくせいげん)でキャンパスに来(こ)られないなどの学生(がくせい)は,オンラインで授業(じゅぎょう)が受(う)けられるので,日本語教育(にほんごきょういく)センターに相談(そうだん)すること。
Students who cannot come to the campus due to immigration restrictions such as COVID-19 can take classes online, so please contact Center for Japanese Language Education if necessary. 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP