シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
備考参照/コミュニケーションセミナー2D(中国語)
(Communication Seminar 2D (Chinese)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 王 媛(WANG YUAN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC1623 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 1年次:自動登録
2年次以上:科目コード登録
2015年度以前入学者は必修科目 
テキスト用コード (Text Code) DM136 



授業の
目標
Course
Objectives
秋学期終了時には、HSK2級のレベルに相当する語彙力と表現力を身につけることを目標とする。  
This course continues the spring-semester focus on developing listening and speaking skills for Chinese language acquisition.  
授業の
内容
Course
Contents
春学期のCS1Bに引き続き、中国語の文法や語彙をさらに身につけていく。文法の基本を踏まえ、さまざまな応用練習を重ねていく。春学期と同様に、授業時に配布されるプリントを活用し、総語彙数を増やしながら文章作成を行っていく。さらなる語彙力と文法力の向上によって、中国語で能動的に表現できることを目指し、中国語を用いた文化圏への興味と理解を深めるきっかけとしたい。  
A continuation of spring semester course CS1B in which students master the skills needed for simple conversation by studying dialogue from real conversations set in a variety of situations. Students will also undergo rigorous training on skills to correctly read Pinyin and accurately understand spoken Pinyin. Students will learn elementary grammar to boost both their listening and reading skills.  
授業計画
Course
Schedule
1. 春学期の授業内容の復習 
2. 経験の「过」、動詞量補語、前置詞「跟」  
3. 時間量、時間量補語、前置詞「从」「到」「离」 
4. 助動詞「会」「能」、主述述語文 
5. 比較、「多」+形容詞 
6. 「是…的」構文、100以上の数 
7. 状態補語、二重目的語、「有点儿」  
8. 方向補語、進行の「在」、禁止 
9. 結果補語、処置文 
10. 受け身文、使役文  
11. 近い未来、「越来越~」  
12. 可能性の「会」、終助詞「吧」  
13. 願望・意思・必要・義務を表す助動詞  
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、授業内で提示した提出物(30%) 、小テスト(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 杉野元子・黄漢青  『大学生のための初級中国語24回』   白帝社   2018  978-4-86398-068-6  
その他(Others)
参考文献
Readings
授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・ペアワークを実施する。
・小テストや課題については随時授業内でフィードバックする。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP