シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/海外インターンシップ(CIC)A
(Overseas Internship (CIC) A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2123 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM196 



授業の
目標
Course
Objectives
海外で日本語を学んでいる学習者、海外で日本語を教えている教師とつながることによって、海外の日本語教育の現場への理解を深める。また、学習者と1対1で学習支援を行うことを通して、外国語として日本語を教える際に必要な「構え」を体験的に身に着ける。さらに、海外の学習者とオンラインで様々な協働作業に取り組むことで、異文化理解力、異文化コミュニケーション力も身に着ける。 
By drawing links between overseas learners and teachers of the Japanese language, our understanding of overseas Japanese language education can be enhanced. Additionally, the mindset and attitude required for teaching Japanese as a foreign language can be experientially acquired by carrying out providing learning support individually. Furthermore, through various online cooperative activities with overseas learners, cross-cultural understanding and communicative abilities can also be acquired. 
授業の
内容
Course
Contents
十分な事前活動を行った上で、Zoomを利用したオンラインによる日本語教育実習、オンラインによる協働活動を行う。「オンラインによる日本語指導、学習者対応についての事前学習⇒実際の学生に指導⇒振り返り」を行うことで、実践的教授スキルを身につける。実習では、主に学習者の日本語会話力を向上させるための学習支援を行い、協働活動では日本への理解、日本語への理解を深めるための活動を学習者と協働で実施する。学習支援、協働活動ともに参加者の積極的な関与が必要とされるため、参加者は責任をもって取り組まなければならない。
事前活動や事後活動の日程などは、説明会および履修要項などでしっかり確認して参加すること。事前学習は6月から7月にかけて、事後学習は11月から12月にかけて実施する。また、実習のスケジュールは、各自、R-Guide、4月に実施する説明会で必要な事項を確認し、定められた期間に履修の申請手続きを行うこと。
海外インターンシップBを履修する前に、この科目を履修することが望ましい。 
After conducting sufficient pre-course activities, online Japanese language lessons and cooperative activities will be conducted via Zoom. Practical teaching skills are acquired by conducting “pre-course learning, guidance for actual students, and reviewing Japanese language guidance and learners’ interactions online.” In the course’s practical training, learning support will prioritize improving learners’ conversational abilities in Japanese. Through cooperative activities, learners’ cooperation will be implemented to deepen participants’ understanding of Japan and the Japanese language. Participants must fully engage with their tasks and roles with a sense of responsibility, as their proactive involvement is required for both learning support and cooperative activities.
Participants will join the course after thoroughly checking the pre- and post-course activities schedule via the course’s essential points and explanatory meeting. The pre-course learning will be implemented from June to July 2021, and post-learning activities will run from November to December. In addition, participants will confirm their ability to comply with the learning schedule via both the course’s essential points and the explanatory meeting to be held in April.
It would be preferable to participate in this course prior to doing the Overseas Internship B. 
授業計画
Course
Schedule
1. 事前学習1 
2. 事前学習2 
3. 事前学習3 
4. Zoomによる学習支援活動1 
5. Zoomによる学習支援活動2 
6. Zoomによる学習支援活動3 
7. Zoomによる学習支援活動4 
8. 中間フィードバック 
9. Zoomによる学習支援活動5 
10. Zoomによる学習支援活動6 
11. Zoomによる学習支援活動7 
12. Zoomによる学習支援活動8 
13. 事後学習1 
14. 事後学習2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業外の学習については、授業で別途伝える。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前学習への参加度(30%) 、事後学習への参加度(35%) 、Zoomによる学習支援活動への参加度(35%)
テキスト
Textbooks
テキストは使用しない
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
この科目は、Zoomを通したオンラインのインターンシップを行う科目ですが、事前学習、事後学習については対面で行います。事前、事後学習への参加は必須ですので、4月のガイダンスで日程を確認してください。
また、履修にあたっては「日本語学概論A」を応募時点で修得しているか、もしくはインターンシップZoom実習参加時までに修得予定であることが必要となります。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP