シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
備考参照/コミュニケーションセミナー3B-R(中国
(Communication Seminar 3B-R (Chinese)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 王 媛(WANG YUAN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) オンライン
春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2623 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 自動登録または科目コード登録 
テキスト用コード (Text Code) DM224 



授業の
目標
Course
Objectives
2年次秋学期の「海外留学研修」のため、中級レベルの実践的な中国語会話力を身につけることを目指す。  
As this study abroad program occurs in the fall semester of second year, students should aim to develop intermediate-level practical Chinese-speaking ability.  
授業の
内容
Course
Contents
海外留学先で経験する各種のシチュエーションに対応できる言語力を身につける。週2回の授業で、中国語圏で生活するために必要な会話力を身につけ、ネイティブスピーカーの言葉を聞き取り、自らの考えを中国語で伝えて行くことができるように練習を行っていく。具体的には、ビデオや画像なども用いながら、各シチュエーションの状況を再現し、中国語を用いて、学生同士のロールプレイングなどの会話練習を中心に、単語力の補強だけではなく、実践的な文章構成能力も含め実用的な中国語コミュニケーション能力を高めていく。  
Students should aim to acquire sufficient language skills to ensure they can handle a wide variety of situations at their study abroad destination. Lessons will be carried out twice a week and include language practice to help students develop the conversational ability needed for living in a Chinese-speaking country, sufficient listening ability to make out what native speakers are saying and communicate their own ideas in Chinese. Specifically, using materials such as videos and images, we will reenact the particular conditions of each situation and use Chinese to carry out focused conversation practice such as student role playing. Through this process we will improve practical Chinese communication skills, not limited to consolidating vocabulary, but also including sentence structuring skills.  
授業計画
Course
Schedule
1. 中国語でお互いの自己紹介 (自分の紹介、相手に尋ねる)  
2. 道を尋ねる (場所の説明、大学・宿舎・食堂・銀行・駅・空港などへの行き方)  
3. 乗り物に乗る① (空港のチェックイン、タクシーに乗る) 
4. 乗り物に乗る② (鉄道・バスに乗る) 
5. 電話の応対 (用件の確認、先方不在時に伝言を依頼する)  
6. 予約 (宿泊、食事、乗り物など)  
7. 料理の注文 (料理の名前、味と調理法の表現、注文、催促、会計)  
8. 買い物 (市場、スーパーマーケット、デパート、専門店)  
9. 両替 (通貨の数え方など)  
10. 病院で (受付、病状の説明、薬の受け取り)  
11. 観光 (行先の相談、旅行代理店との交渉など)  
12. 友人宅の訪問 (友人家族との会話、手土産の説明、歓待へのお礼)  
13. 送別会 (あいさつ、感謝の言葉)  
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、受講態度(30%) 、課題(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 蘇紅  『場面別 中国語会話表現4800』   ベレ出版  2015  978-4860644529 
その他(Others)
参考文献
Readings
必要に応じ、適宜授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
シチュエーションごとにロープレイングを行う。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP