シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM552/異文化コミュニケーション特論B
(Topics in Intercultural Communication B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小山 亘(KOYAMA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) A203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) DM552 



授業の
目標
Course
Objectives
特にことばや言語研究と関係づけて、コミュニケーションとその研究が持つ意義や射程についての理解を育むことを目的とする。 
The purpose of this course is to develop understanding of communication and communication studies, especially in relation to language, linguistics, and pragmatics. 
授業の
内容
Course
Contents
まず「コミュニケーション」や「学問」、「視点」などについて簡単な考察を行った後、言語学や語用論の基本的な考え方を学ぶ。続いて、コミュニケーションについてのいくつかのモデルを概観し、それぞれのモデルの持つ性格、言語研究が対象とする諸領域との関係、コミュニケーションの過程や空間の有り様などを把握する。 
This course starts with exploring some general issues concerning “communication,” “academic discipline,” and “perspective,” and moves to deal with the basic frameworks of linguistics and pragmatics. Then, it presents an overview of the three models of communication, explores their distinctive characteristics, including their relationships with domains covered by language studies, and delves into micro-social processes and effects of communication.  
授業計画
Course
Schedule
1. 概要:コミュニケーション論のまなざし 
2. コミュニケーション論の地平 
3. 文法、言語構造 
4. 語用論 
5. 意味 
6. 方言・言語変異 
7. 言語変化、言語の全体像 
8. コミュニケーションの情報伝達モデル 
9. コミュニケーションの6機能モデル(1) 
10. コミュニケーションの6機能モデル(2) 
11. コミュニケーションの出来事モデル(1) 
12. コミュニケーションの出来事モデル(2) 
13. コミュニケーションの変容と空間編成など 
14. コミュニケーション論の視点、まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業参加度(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小山亘  『コミュニケーション論のまなざし』   三元社  2012  978-4-88303-313-3 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP