シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM566/日本語学概論A
(Introduction to the Study of Japanese A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教えるための日本語学 
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) M202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2130 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM566 



授業の
目標
Course
Objectives
日本語を母語としない人々に日本語を教える際に必要な日本語の特色(音声,音韻,文法)を理解し,自らの言葉で説明することができるようになる。毎日自分が使っている日本語を意識的に考え,言語学的に分析することができるようになる。 
Students will learn the characteristics of the Japanese language (phonetics, phonemes, grammar) needed to teach it to people who do not speak it as a native language, and gain the ability to explain those characteristics in their own words. Students will pay close attention to the Japanese they speak on a daily basis and gain the ability to analyze it linguistically. 
授業の
内容
Course
Contents
国語としての日本語ではなく,日本語を母語としない人々に教えるための日本語の様々な特質について言及する。「日本語とは何か」,「なぜ国語ではなく日本語なのか」から,日本語の音声,音韻,形態論,統語論について,身近な例をとりあげながら学ぶ。主に講義形式で授業を行うが,参加学生とのやり取りを通して学んでいくため,参加者の積極的姿勢が望まれる。 
The course focuses not on the way Japanese is taught to Japanese people, but on various idiosyncrasies of Japanese important for teaching it to non-native speakers. Students will learn to define the Japanese language and why it must be taught differently to non-native speakers than it is to Japanese people, and will learn about Japanese phonetics, phonemes, morphology and syntax from relatable examples. Although lecturing is the main mode of teaching in this course, students should have positive attitudes toward participation because they will also learn through exchanges with their classmates. 
授業計画
Course
Schedule
1. 国語と日本語,イントロダクション、日本語教育のための日本語分析とは 
2. 一般言語学、対照言語学、音声とその役割、日本語の音声体系、音声学と音韻論 
3. 音声① 
4. 音声② 
5. 音素と音声 
6. 音節、拍 
7. 日本語音声の特徴、教えるための音声学 ミニクイズ① 
8. 文法とは何か、日本語教育に必要な文法論、文法体系 
9. 形態論① 
10. 形態論②、単語の意味体系 
11. 統語論① 
12. 統語論②、談話理解、社会言語学、待遇・敬語表現 
13. 文法と文法論、言語・非言語行動、コミュニケーションストラテジー 
14. ミニクイズ② レポート 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回のトピックに関連する書籍などは,毎回の授業で指示する。最終レポート作成に向けて,積極的に図書館を利用して関連図書を読むよう指導する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、授業への参加度(30%) 、小テスト(20%×2)(40%)
テキスト
Textbooks
プリントを配付する。
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業はパワーポイントを使用した講義形式で行う。授業では、学生への質問も活発に行うため、積極的な受講態度が期待される。また、毎回の授業では、リアクションペーパーを書いて提出することが求められる。授業で用いるレジュメやパワーポイント資料などはBlackboardで配布し、授業で紙媒体を配布することは行わない。レポート課題などもBlackboard上で発表するため、毎回授業前にBlackboardを確認すること。
毎回のリアクションペーパーについては、次回授業でフィードバックを行う他、小テストについても次の授業でフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP