シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM568/言語研究特論
(Topics in Language Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ことば・人間・世界―失語症の症例から考える 
担当者 (Instructor) 山口 まり子(YAMAGUCHI MARIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) 4152(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM568 



授業の
目標
Course
Objectives
失語症の様々な症例を足がかりとして言語哲学の諸問題を議論し、言語・人間・世界の関わりを考察する。必要に応じて議論の方法と論理の初歩を学ぶ。 
Using various cases of aphasia as a stepping stone, we will discuss problems in philosophy of language and consider the relation among language, the humans who use it and the world surrounding them. We will also learn the basics of logic where necessary. 
授業の
内容
Course
Contents
 日常において当たり前のように言語を使用していると、そこに哲学的な問題があるとはなかなか思えないかもしれない。しかし、当たり前に使っている言語を、当たり前に使えなくなってしまったらどうだろう?失語症の様々な症例は、他者とコミュニケーションを取るとか互いを理解するとかいうことがどういうことなのかを再考するよいきっかけを与えてくれる。
 この授業では、いくつかの典型的な失語症の症例から、言葉と脳と心の関係を考え、以下に挙げるような、主に西洋の近現代における言語哲学で論じられているトピックを通して、言語の意味や指示、他者とのコミュニケーションにおける理解のあり方などを考察する。また必要に応じて議論の方法や論理の初歩も学ぶ。

議論するトピック例:
*意味とは何か
*他者の心
*言葉の意味と話者の意図・聞き手の理解の関係
*名辞と指示の固定性・アイデンティティ・必然性
*言語・実在・知識
*行為としての言語(言語行為論)
*言語と規則に従うこと、など。

 各トピックについて、複数の哲学者の説を比較考察しつつ授業2~3回分。授業は毎回講義とディスカッションを組み合わせた形で行う予定。 
As we spontaneously use language in everyday life without a second thought, it might be difficult to realise that our use of language raises philosophical problems. However, what would happen if we were no longer able to freely use the language that we currently use? Looking at various cases of aphasia prompts us to have second thoughts and reconsider what it is to communicate with others or understand each other.

In this class, we will think about what relationship (if any) language, brain and mind have to each other, using some typical cases of aphasia. Through discussing the topics listed below, which are among the topics discussed in Western philosophy of language, we will consider what the meaning (sense) and reference of a linguistic expression are and what we understand when we communicate with others. (This may involve studying some basics of logic.)

Examples of the topics:
• What is meaning?
• Other minds
• The relationship between a word’s (literal) meaning and the speaker's intention/listener’s understanding
• Names and the rigidity of their reference, identity and necessity
• Language, reality, knowledge
• Language as actions (speech act theory)
• Language and rule-following, etc.

Each topic lasts two to three weeks and each class will involve lecture and discussion elements." 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. トピック1(講義とディスカッション)1 
3. トピック1(講義とディスカッション)2 
4. トピック1(講義とディスカッション)3 
5. トピック2(講義とディスカッション)1 
6. トピック2(講義とディスカッション)2 
7. トピック2(講義とディスカッション)3 
8. トピック3(講義とディスカッション)1 
9. トピック3(講義とディスカッション)2 
10. トピック3(講義とディスカッション)3 
11. トピック4(講義とディスカッション)1 
12. トピック4(講義とディスカッション)2 
13. トピック4(講義とディスカッション)3 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・授業参加(30%) 、提出物など(30%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 山鳥重  『言葉と脳と心:失語症とは何か』   講談社現代新書  2011  978-4-06-288085-5 
その他(Others)
上記テキスト以外の資料は授業時に配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ウィトゲンシュタイン  『哲学探究』(ウィトゲンシュタイン全集8)   大修館書店  1976  4469110183 
2. Wittgenstein, L  Philosophical Investigations   Wiley-Blackwell  2009  1405159286 
3. J. L. オースティン  『言語と行為』   大修館書店  1978  4469210722 
4. Austin, J. L.  How to do things with Words   Harvard University Press  1975  0674411528 
5. ウィルソン  『自分で考えてみる哲学』   東京大学出版会  2004  4130130234 
その他(Others)
その他の参考文献は授業内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP