シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM604/文化記号論
(Cultural Semiotics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小山 亘(KOYAMA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) X304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) DM604 



授業の
目標
Course
Objectives
記号論の枠組に基づき、現代社会文化、及びその他の様々な社会文化の多様な現象を分析する能力を身につける。 
The aim of this course is to develop the competence to analyze a variety of sociocultural phenomena in modernity and beyond, on the basis of the semiotic framework. 
授業の
内容
Course
Contents
まず記号論の枠組を概観した後、特に類像(icon)という記号論の概念に依拠して、様々な社会文化の多様な現象(身体、宇宙、時間、地理・空間、都市、数、色、王朝、病・医、農、学知、宗教、親族、動物、食、住居など)を分析する。続いて、同じく記号論の枠組に基づきながら、特に社会学者ブルデューの提示した諸概念(象徴資本、フィールド、ハビトゥスなど)を参照し、現代社会の文化様態の一端を考察する。 
The course starts with introducing the semiotic framework and moves to analyze a variety of sociocultural phenomena, such as the body, cosmology, time, space, city, number, color, dynastic empire, medicine, agriculture, kinship, animal, edibility, dwelling house, and so on, on the basis of the semiotic notion of “iconicity.” Then, the course explores an aspect of contemporary socioculture by appealing to sociologist Pierre Bourdieu’s notions of “symbolic capital,” “field,” “habitus,” etc., reconceptualized in terms of the semiotic framework introduced in this course. 
授業計画
Course
Schedule
1. 記号の3タイプ:類像(icon)、指標(index)、象徴(symbol) 
2. 類像性とコスモロジー(1):ミクロコズム・身体とマクロコズム・宇宙 
3. 類像性とコスモロジー(2): 都市、数、色、王朝、陰陽五行説など 
4. 類像性と病・医の文化範疇 
5. 類像性と農の文化範疇:インド 
6. 類像性と中世西欧スコラの宇宙論 
7. 類像性と中世西欧のコズモグラフィー 
8. 類像性と中世・近世日本の宇宙論 
9. 構造主義の文化人類学(1):旧蘭領東インド 
10. 構造主義の文化人類学(2):タイ 
11. 構造主義の文化人類学(3):親族、居住・空間、動物 
12. 現代社会の記号論(1):文化資本と類像性 
13. 現代社会の記号論(2):ハビトゥスと現代社会文化 
14. 現代社会の記号論(3):フィールドと現代社会文化の編成 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業参加度(30%)
テキスト
Textbooks
教室およびBlackboardで配付
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小山亘  『記号の系譜』   三元社  2008  978-4-88303-219-8 
2. 池上嘉彦  『自然と文化の記号論』   放送大学教育振興会  2002   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP