シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM605/視覚芸術概論
(Introduction to Visual Arts) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
美術に見る自己性と他者性 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) A304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2430 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM605 



授業の
目標
Course
Objectives
美術を中心とする視覚的な表現に見られる自己と他者について、講義で取り上げた代表的な事例を通じて多角的な理解を深める。 
This course aims to introduce and familiarize students to visual representations of the Self-ness and the Otherness through a number of case studies. 
授業の
内容
Course
Contents
東方と西方、キリスト教徒とユダヤ教徒、男性と女性、成人と子供、あるいは異なる地域や時代の人々などが、事実として異なった外観、風習、文化を持つものとして描かれるだけでなく、「われわれ」か「よそ者」かというフィルターを通していかに肯定的・否定的に描かれてきたのかを、美術作品、ポスター、写真などの事例を取り上げて分析する。また、事例を提示して、学生が自己性と他者性について考察も行う。 
We will analyze how different entities such as the West and the East, Christian and Jewish, women and men, adult and children, or people belonging to different ethnic, cultural or historical backgrounds were not only depicted per se in the visual media, but also represented positively or negatively, when seen through the notion of the Self and the Other. Students will also write short essays about a given case. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 自己と他者の事例:「最後の審判」 
3. 自己と他者の事例:ギリシャ神話の主題 
4. 自己と他者の事例:旧約聖書主題 
5. 小エッセイ 
6. 自己と他者の事例:宮廷風恋愛 
7. 自己と他者の事例:ユディトとサロメ 
8. 自己と他者の事例:裸体像 
9. 小エッセイ 
10. 自己と他者の事例:東と西① 
11. 自己と他者の事例:東と西② 
12. 自己と他者の事例:東と西③ 
13. 自己と他者の事例:東と西④ 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に2回の小エッセイを予定している。既習のキーワードや概念の応用を求めるので、しかるべく準備をすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、小エッセイ(30%) 、リアクションペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP