シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM621/異文化コミュニケーション概論
(Introduction to Intercultural Communication) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 河合 優子(KAWAI YUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC2330 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 基礎科目(一般) 
テキスト用コード (Text Code) DM621 



授業の
目標
Course
Objectives
異文化コミュンケーションの主要概念・理論を学び、それを使って社会問題や日常の異文化コミュニケーションを分析する力をつける。 
Students will be able to understand key concepts and theories of intercultural communication and apply them to analyze social issues and everyday intercultural communication.  
授業の
内容
Course
Contents
この授業は、異文化コミュニケーション論の主要な概念・理論を学び、これらを応用して文化とコミュニケーションが関わる社会問題や日常の異文化コミュニケーションを考察することを通して、異文化コミュニケーションのあり方を探っていくことを目的とする。まず、「グローバル化社会」と形容され人々の移動やつながりと同時に社会的分断も激しくなっている現代社会において、異文化コミュニケーションを学ぶことの意義、そしてこの学問領域が歴史的にどのような文脈で成立してきたのかについて考える。それを踏まえて、この領域の主要な概念・理論を学び、それを使って異文化コミュニケーションの諸課題を考察していく。 
This course introduces students to the field of intercultural communication studies, key concepts and theories, and ways of applying them to critically assess social issues related to intercultural communication as well as everyday intercultural communication. This course first addresses how intercultural communication emerged as an academic field and what it means to study and practice intercultural communication in today’s globalizing world in which people are more connected with each other and simultaneously more divided among each other than before. Then students will learn key concepts and theories of intercultural communication and apply them to examine intercultural communication issues.  
授業計画
Course
Schedule
1. 異文化コミュニケーションを学ぶ意義 
2. 異文化コミュニケーション研究の成り立ち 
3. 文化 
4. コミュニケーション 
5. 言語 
6. 非言語 
7. メディア 
8. 記憶、時間、空間 
9. 英語、プレゼン、スピーチと異文化コミュニケーション 
10. 「異文化交流」 
11. 「よそ者」(1)スポーツと多国籍企業 
12. 「よそ者」(2)移民と難民 
13. 越境と架橋 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必ず教科書の該当箇所を読んだ上で授業に参加すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・授業参加貢献度(授業内課題含)(30%) 、テスト(30%) 、最終レポート(40%)
備考(Notes)
単位修得には75%以上の出席が必要。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 池田理知子 塙幸枝 編著  『グローバル社会における異文化コミュニケーション』   三修社  2019  438405937X 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義形式の授業ではあるが、学生への質問も活発に行い、グループワークも適宜取り入れる。リアクションぺーパーは次回授業開始時にフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP