シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM628/グローバル社会とコミュニケーション
(Globalization and Communication) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
人種主義とコミュニケーション 
担当者 (Instructor) 河合 優子(KAWAI YUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM628 



授業の
目標
Course
Objectives
人種概念および人種主義を異文化コミュニケーションおよび多文化共生の課題として歴史的かつトンランスナショナルな視点で捉える力をつける 
Students will be able to examine race and racism historically and transnationally as a major issue of intercultural communication and multiculturalism 
授業の
内容
Course
Contents
人種概念および人種主義は、言語や非言語を使って意味をつくるプロセスとしてのコミュニケーションによってつくられる。この授業の前半では、西洋の人種概念の生成とその変容、そして日本の人種概念がいかに西洋の人種概念の影響を受けつつも独自の歴史的・社会的状況において生成し変容してきたのかを歴史的にとらえ、西洋および日本における多様な人種主義について考察する。後半では、差別、偏見、ステレオタイプ、アイデンティティなどの異文化コミュニケーションの鍵概念との関連を検討し、人種概念および人種主義を異文化コミュニケーションと日本の多文化社会の主要な課題として多面的な理解を深める。 
The concept of race and racism are constructed through communication, which can be broadly defined as a process of creating meanings by using verbal and nonverbal symbols. The first half of this course discusses the Western and Japanese concepts of race and connections between the two historically as well as different modalities of racism. The second half of the course examines how race and racism relate to other key concepts of intercultural communication, such as discrimination, prejudice, stereotype, and identity, and thereby understand racism as a major issue of intercultural communication and multiculturalism in Japan multi-dimensionally.  
授業計画
Course
Schedule
1. 人種主義とコミュニケーション 
2. 近代西洋の人種概念 
3. 現代西洋の人種概念 
4. 近代日本の人種概念 
5. 現代日本の人種概念 
6. 多様な人種主義 
7. 人種概念と「人種混淆」 
8. 差別論 
9. 偏見論 
10. ステレオタイプ論 
11. 古典的アイデンティティ論 
12. 現代アイデンティティ論 
13. 白人性と日本人性 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の課題文献を必ず読んで授業に参加すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加貢献度(授業内課題含)(30%) 、テスト(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
単位修得には75%以上の出席が必要
テキスト
Textbooks
初回の授業時に指示する。
参考文献
Readings
授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
パワーポイントを使用した講義形式を中心とするが、学生への質問も活発に行う。映像資料なども適宜活用する。リアクションぺーパーは次回授業開始時にフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP