シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM631/語用論
(Pragmatics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 高橋 里美(TAKAHASHI SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) X209(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3143 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM631 



授業の
目標
Course
Objectives
発話が行われるコンテクスト,話し手と聞き手の関係など,具体的な状況における言語表現の意味を研究対象とする語用論について理解を深める。 
In this course, we will deepen our understanding of pragmatics, an academic area that aims to explore the nature of utterance meaning conveyed in specific communicative contexts. We will examine various cases where speaker-listener relationships determine contextual meaning. 
授業の
内容
Course
Contents
語用論は,話し手が特定のコンテクストで何らかの意図を持って使用した言語表現の意味,すなわち言外の意味について研究する学問分野である。この言外の意味の働きを理解するために必要なさまざまな概念・事象について学び,言語伝達の認知的諸相を探っていく。具体的には,話し手の立場から対象物を指示する行為である「直示」,言外の意味を取り出す上で必要な「推意」や「前提」,特定コンテクストで発話することで話し手が聞き手に働きかけをする「発話行為」などについて考察する。また,言語表現の丁寧さといった言語使用の社会的・文化的側面についても扱う。 
The goal of pragmatics is to examine what a speaker means by his/her utterance, how a listener interprets what is meant within a particular context, and how the context influences what is said (or unsaid). In an effort to understand the nature of the speaker’s intended meaning and the listener’s inference of it, we will learn several key concepts in pragmatics; these concepts will provide us with a base to explore the cognitive aspects of human linguistic communication. Specifically, the focal concepts will include deixis, inference, presupposition, cooperation, and implicature. We will also learn about speech acts and, further, will consider the ways in which linguistic politeness is socio-culturally implemented and constrained.  
授業計画
Course
Schedule
1. 語用論とは:定義と研究の背景 
2. 直示と距離(1) 
3. 直示と距離(2) 
4. 指示と推論(1) 
5. 指示と推論(2) 
6. 前提と含意(1) 
7. 前提と含意(2) 
8. 協調と推意(1) 
9. 協調と推意(2) 
10. 発話行為(1) 
11. 発話行為(2) 
12. 言語的丁寧さ(1) 
13. 言語的丁寧さ(2) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、授業内外課題(30%) 、最終レポート(40%)
テキスト
Textbooks
プリント配布。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. G. Yule  Pragmatics   Oxford University Press  1996  978-0-19-437207-7 
2. Y. Huang  Pragmatics (Oxford Textbooks in Linguistics)   Oxford University Press  2014  978-0-19-957776-7 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1.授業は講義形式を中心とするが、随時、グループディスカッションを取り入れていく。
2.資料の配付、課題の提出などにBlackboardを使用する。
3.授業内外課題については、次回授業時にフィードバックを行う。
4.全授業のうち数回程度対面を実施する予定であるが、具体的な対面授業回数については、初回の授業で履修者との相談により決定する。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP