シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM636/グローバル化と思想
(Globalization and Social Ideas) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 新野 守広(NIINO MORIHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 4339(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM636 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化が進む現在,世界中のさまざまな地域で文化の均質化とその反動が起こっている。このような事態を考えるために,本講義では都市と近代化に着目しつつ,文化同士のコミュニケーションを通して近代化が進展する事態を確認し,グローバル化に関するさまざまな見方を紹介する。 
Cultural homogenization is occurring in many regions throughout the world against the backdrop of continuing globalization. Lectures will focus on cities and modernization to enable students to consider these circumstances, and students will learn and understand a diverse array of thought in order to consider the progression of modernization through communication between cultures. 
授業の
内容
Course
Contents
近代都市が生み出した諸問題や文化の多様性について理解を深めるとともに,近代化の過程で文化が蒙った変容について,明治期日本の知識人の西欧体験などをもとに考察する。後半では70年代以降現在にいたる日本の都市文化論にも触れるとともに,グローバル化の進む世界各地の諸問題、とくに東日本大震災以後の日本についても取り上げる。 
While students will deepen their understanding of problems and cultural diversity created in modern cities, they will also consider the cultural changes that Japan went through publicly during its modernization from the experiences of Meiji-period intellectuals in the Western world. The last half of the course features discussion on themes such as urban culturology in Japan from the 1970s to the present, and various problems in the world and especially in the Japanese society, which has been afflicted by earthquake disasters amidst progressing globalization. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 近代化と都市文化 
3. 19世紀以後のヨーロッパの重要な都市論 (1) 
4. 19世紀以後のヨーロッパの重要な都市論 (2) 
5. 19世紀以後のヨーロッパの重要な都市論 (3) 
6. 明治期の知識人の西欧体験 (1) 
7. 明治期の知識人の西欧体験 (2) 
8. 明治期の知識人の西欧体験 (3) 
9. 戦後日本の都市文化に関する諸研究 (1) 
10. 戦後日本の都市文化に関する諸研究 (2) 
11. 戦後日本の都市文化に関する諸研究 (3) 
12. ポストモダニズムについて 
13. グローバル化の引き起こす諸問題について 
14. 全体のまとめと振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および授業への貢献度(30%) 、課題、および小テストなど(30%) 、レポート(40%)
テキスト
Textbooks
授業中に配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 町村敬志, 西澤晃彦著  『都市の社会学』   有斐閣  2000   
2. 吉見俊哉著  『都市のドラマトゥルギー』   河出文庫  2008   
3. ヴァルター・ベンヤミン著  『近代の意味』   ちくま学芸文庫  1995   
4. 吉田徹著  『アフター・リベラル』   講談社現代新書  2020   
その他(Others)
その他,授業中に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP