シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM637/言語文化論
(Language and Culture) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 アメリカ大陸の言語文化 
担当者 (Instructor) 飯島 みどり(IIJIMA MIDORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 5501(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM637 



授業の
目標
Course
Objectives
 異なる言語世界の狭間に身をおく作家たちの作品を通じ, 言語表現と言語主体, 経験の言語化が生む葛藤について考察する。 
We focus on writers who have to measure his / her raison d’ être among two or more language dimensions. Through their works, let us learn why and how emerge conflicts between linguistic expression and its legitimate creator, i.e., the author; why and how one’s efforts to give any linguistic expression to one’s life experience may affect his/ her identical integrity. 
授業の
内容
Course
Contents
 英語とスペイン語, スペイン語と土着語(母語), 英語と土着語(母語)の複雑な力関係を背景にアメリカ大陸からどのような作品, 特に言語表現が生成しつつあるかを実地に見てゆく。 
English vs. Spanish; Spanish vs. indigenous languages or mother tongue; English vs. indigenous languages or mother tongue: Inside the Americas, once called the New World, there persist terrible and complicated linguistic power relations. Under an essential historical / geographical contextualizing, we analyze several keen examples of linguistic expression grown up over the continents. 
授業計画
Course
Schedule
1. 各人の言語経験を振り返る 
2. 文字文化と権力 
3. 書記言語と権力 
4. 帝国の言語が交代するとき 
5. 米州におけるバイ/トリ・リンガルとは 
6. 先住民文学の現状 
7. チカーノという存在 
8. 「チカーノ文学」の成立 
9. 付論・日系作家とは 
10. テクスト比較と議論 
11. テクスト比較と議論 
12. 言語と人格 
13. 言語と人格 
14. 複数言語を生きるとは 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 19世紀末から20世紀全般の世界史を適宜復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 81  %  
平常点(In-class Points) 19  %
課題読み込み精度(19%)
テキスト
Textbooks
英文テクスト使用時はプリント配布の予定。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. B.アンダーソン  『想像の共同体』   各社版     
2. A.ドルフマン  『南に向かい、北を求めて』   岩波書店  2016   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スペイン語の知識は必ずしも要求されないが、持ち合わせていればそれに越したことはない。
できる限り対面授業とし、状況の悪化によりオンライン化を選択せざるを得ない場合に限り教室からの配信とする。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP