シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM638/非言語コミュニケーション論
(Nonverbal Communication) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 神戸 直樹(KANBE NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM638 



授業の
目標
Course
Objectives
1)非言語コミュニケーションに関する基本的な理論や概念を用いて、実際のコミュニケーションにおける非言語メッセージの特性・機能・意味を説明できるようになる。
2)実際のコミュニケーション状況において、非言語コミュニケーションをより多角的に観察したり、自覚的に実践したりできるようになる。 
1. To enable students to use the basic theory and concepts of nonverbal communication to explain the properties, functions and meanings of nonverbal messages in real-world communication.
2. To enable students to observe nonverbal communication from a variety of angles and consciously apply what they have learned in the midst of real-world communication. 
授業の
内容
Course
Contents
対人コミュニケーションにおいて、身振り、手振り、顔の表情、視線、周辺言語、身体接触、対人距離など、ことば以外の手段によって伝えられる非言語(ノンバーバル)メッセージが果たす役割は質、量ともに非常に大きい。本科目は、さまざまな非言語的伝達手段とコミュニケーションに関する理論・概念を考察し、それらを用い実際のコミュニケーションを観察、分析することで、辞書には載っていない非言語メッセージの意味を探っていく。  
The role of nonverbal messages delivered through body and hand gestures, facial expressions, gaze, paralanguage, physical contact, interpersonal distance and other non-language methods is just as critical to interpersonal communication as content and volume. This course will lead students to explore the meanings of nonverbal messages not found in any dictionary by considering the theory and concepts of various nonverbal methods of communication and of communication itself, and observing and analyzing the use of those methods in actual communication. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション
コミュニケーションの定義とモデル 
2. 非言語コミュニケーションの機能と特徴 
3. 外見と魅力 
4. ジェスチャーと動作 
5. 顔の表情 
6. 視線行動 
7. 音声行動・周辺言語 
8. 空間・対人距離 
9. 身体接触 
10. ジェンダーと非言語コミュニケーション 
11. 異文化コミュニケーションと非言語メッセージ 
12. 人間関係における非言語コミュニケーション 
13. 時間概念・沈黙 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および授業参加度(ワークシート含)(20%) 、リーディング・レスポンス (Blackboard)(15%) 、観察メモ(15%) 、テスト(25%) 、分析レポート(25%)
備考(Notes)
単位取得には80%以上の出席が必要
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. V.P.リッチモンド、J.C.マクロスキー  『非言語行動の心理学:対人関係とコミュニケーション理解のために』   北大路書房  2006  4762824909 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Richmond, V. P., McCroskey, J. C., & Hickson III, M. L.  Nonverbal behavior in interpersonal relations (7th ed.).   Allyn & Bacon  2012  9780205042302 
2. Patterson, M. L.  More than words: The power of nonverbal communication.   Aresta  2011  9788493787080 
3. M. L. パターソン  『ことばにできない想いを伝える: 非言語コミュニケーションの心理学』   誠信書房  2013  9784414304206 
4. ポール・エクマン  『顔は口ほどに嘘をつく』   河出書房新社  2006  9784309243832 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業形態: Zoomを使用したオンライン授業(双方向)
授業履修に必要な機器:インターネットに接続されたPC(推奨)またはタブレット、webカメラ、マイク(マイク付きイヤホン)。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP