シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM639/グローバル化と言語
(Globalization and Language) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 文也(ISHIKAWA FUMIYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) X206(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM639 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化と言語の問題に関わる学問分野の基礎知識を習得し,習得した知識を具体的な事象分析に応用できる基盤的能力を身につける。 
The goal for this course is for students to learn basic knowledge in scholarly fields related to globalization and language issues, and master the core skills for applying this knowledge to analysis of specific events. 
授業の
内容
Course
Contents
グローバリゼーションとはなにか。なに(あるいは誰)がそれを主導しているのか。グローバル化を推進するイデオロギーとはなにか。それは国あるいは地域の言語政策にどのように現れているのか。そしてそれによってそれぞれの言語はどのような影響を受けて(あるいは変化を強いられて)いるのか。そのような問題を提起し,具体的な事例を取り上げながら,グローバル化と言語に関わる問題の深層/真相を通時的・共時的・内省的に考察し,その考察を学術的に実践する。 
What is globalization? What (and who) is behind it? What is the ideology that drives globalization? How does it manifest itself in national and regional language policy? How does that policy affect (or force changes to) individual languages? This course will introduce problems of this nature as well as specific examples of them, and students will diachronically, synchronically and introspectively observe the depth and true nature of issues related to globalization and language, then put their observations into practice academically. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:カリキュラム上の位置付け・講義内容の説明 
2. グローバリゼーションとはなにか 
3. 世界システム論 
4. 現代のグローバル化を推進するイデオロギー 
5. グローバル化と言語政策:ヨーロッパ 
6. グローバル化と言語政策:日本 
7. グローバル化する世界の中の言語(1):国境、移動民 
8. グローバル化する世界の中の言語(2):メディア 
9. スタンダライゼイションあるいは境界の内在化 
10. 不可視なものの可視化 
11. 事象分析:授業内課題の作成 (1) 
12. 事象分析:授業内課題の作成 (2) 
13. 事象分析:授業内課題の作成・提出 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回の最後に次回のための準備学習を指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(60%) 、授業内課題(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊豫谷登士翁  『グローバリゼーションとは何か―液状化する世界を読み解く』   平凡社新書  2002   
2. ウォーラーステイン(イマニュエル)  『入門 世界システム分析』   藤原書店  2006   
3. Council of Europe   Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment   Council of Europe  2001   
その他(Others)
授業中に配付するプリントあるいはメイルの添付ファイルなどによって随時補足する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
やむを得ず休講となった場合,内容を繰り下げて補講日に補講をおこなうか,それに代わる課題を出す。
学生の報告あるいは提出物について,口頭あるいは筆記によってコメントする。
各回の授業形態については、初回授業(対面形態)において周知する。学期期間中に、新型コロナウイルスの感染拡大などによって開講形態を変更せざるを得ない場合は、前もって速やかに周知する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP