シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM651/間文化研究A
(Intercultural Studies A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 細井 尚子(HOSOI NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 9B01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM651 



授業の
目標
Course
Objectives
さまざまな文化の交流や衝突,あるいは融合といった現象を具体例 に則して学び,説明することができる。文化の変容のあり方を多角的に理解し,自ら意見を述べることができる。  
This course takes up relevant examples to grant students the opportunity to inculcate an in-depth understanding of the interchange and clash of different cultures and to appreciate the phenomenon of cultural fusion. Additionally, students will learn the various conceptual aspects of cultural transformation and will be encouraged to formulate their own ideas on the subject.  
授業の
内容
Course
Contents
グローバル化時代になり、民族・宗教が異なる人々が同じ空間で接点をもちながら暮らす社会になった。異なる文化間の接点が増加するに伴い,文化面でも相互関係によって創造的な変化が生まれている。しかしグローバル化以前、近代化時代の日本では、西洋を手本に近代国家を創出することを目指したため、日本がどのように「他」文化を受容・消化し、新たな「自」を創出するかという形、すなわちグローカル化に類似する現象が起きた。本科目では、演劇の世界から「他」の受容・消化・新たな「自」の創出について学び、授業の目的を達成する。

 
In the age of globalization, we have arrived at a society where people with different ethnic/religious backgrounds live in the same space by having contact with each other. With an increase in the number of intercultural contacts, creative changes have been made by mutual relationship in the domain of culture.
However, because, before globalization, in the age of modernization, Japan attempted to build a modern nation by emulating the West, it caused to happen the process how Japan would accept and digest “other” cultures to create a new “self” culture, a phenomenon similar to so-called glocalization.
In this course, students will learn about the acceptance and digestion of the “other” and the creation of the “self” from the viewpoint of theatrical world in order to fulfill course objectives.
 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 「ハムレット」① 
3. 「ハムレット」② 
4. 「ハムレット」③ 
5. 「ハムレット」④ 
6. 「シラノ・ド・ベルジュラック」① 
7. 「シラノ・ド・ベルジュラック」② 
8. 「シラノ・ド・ベルジュラック」③ 
9. 「シラノ・ド・ベルジュラック」④ 
10. 「十二夜」① 
11. 「十二夜」② 
12. 「十二夜」③ 
13. 「十二夜」④ 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
取り上げる作品は、授業で扱う前に読んでおくこと(本学図書館も所蔵)。

その他毎回の授業に関しては、必要に応じ、授業時及びBlackboardで示す。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(20%) 、リアクションペーパー(50%) 、ミニレポート3本(30%)
備考(Notes)
初回・最終回を含め、出席回数が10回以上ない場合、成績評価を出す対象としない。
テキスト
Textbooks
適宜、授業時及びBlackboardで示す。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・授業内でペアワーク・グループワークを行う場合もある。
・新型コロナウイルスの状況、履修者の状況等により、授業のやり方、授業計画に変更が出る可能性がある。
*変更等は、適宜、授業時及びBlackboardで示すので確認すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP