シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM683/第2言語習得理論
(Theories of Second Language Acquisition) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 高橋 里美(TAKAHASHI SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 5223(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3143 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM683 



授業の
目標
Course
Objectives
第2言語習得のメカニズムについて学ぶ。第2言語習得の代表的な理論やモデルについての知識を獲得するとともに,学習者言語の特質について理解を深める。 
This course is designed to provide a clear understanding of the mechanism of second language acquisition. We will look at the major theories/models which explain second language acquisition and examine the characteristics of learner’s language. 
授業の
内容
Course
Contents
学期の前半は,第2言語習得の理論構築の歴史を概観することで,同研究領域における代表的な理論やモデルについて学ぶ。特に,近年,言語習得を説明する上で注目されている複雑系理論や用法基盤モデルなどについて考察する。学期の後半は,習得順序や交差言語的影響などに見られる学習者言語に共通の第2言語発達の特徴について理解を深めるとともに,言語適性や動機づけといった個人差要因が第2言語習得に及ぼす影響について探っていく。 
In the first half of the semester, we will learn several major theories/models posited by research in second language acquisition. In particular, special attention will be paid to examining complexity theories and the usage-based model as both are currently considered to be those which adequately account for various aspects of language development. In the second half of the semester, we will look at some universal features of second language acquisition, including developmental sequences and cross-linguistic influences. We will also consider how individual difference factors, such as language aptitude and motivation, affect second language acquisition and learning. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 理論的背景:対照分析・誤答分析 
3. 理論的背景:普遍文法 
4. 理論的背景:モニターモデル 
5. 理論的背景:認知的アプローチ(1) 
6. 理論的背景:認知的アプローチ(2) 
7. 理論的背景:認知的アプローチ(3) 
8. 理論的背景:社会文化的アプローチ 
9. 第2言語発達:普遍的習得順序 
10. 第2言語発達:交差言語的影響 
11. 個人差要因の影響(1) 
12. 個人差要因の影響(2) 
13. 個人差要因の影響(3) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、授業内外課題(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
プリント配付。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. P. M. Lightbown, N. Spada  How Languages are Learned Fourth Edition   Oxford University Press  2013  978-0-19-454126-8 
2. K. M. Hummel  Introducing Second Language Acquisition: Perspectives and Practices   Wiley Blackwell  2014  978-0-470-65804-8 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1.授業は講義形式を中心とするが,随時,グループディスカッションを取り入れていく。
2.資料の配付,課題の提出などにBlackboardを使用する。
3.授業内外課題については,次回授業時にフィードバックを行う。
4.全授業のうち数回程度対面を実施する予定であるが,具体的な対面授業回数については,初回の授業で履修者との相談により決定する。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP