シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
DM689/英語科教育研究
(Studies in English Language Teaching) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 中田 達也(NAKATA TATSUYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 8501(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM689 



授業の
目標
Course
Objectives
"Without grammar very little can be conveyed, without vocabulary nothing can be conveyed" (Wilkins, 1972)という言葉を持ち出すまでもなく、英語でコミュニケーションをとるためには、十分な語彙力が必要不可欠である。この授業では、実践的なコミュニケーション能力の基盤となる語彙力を育成するためにはどうしたら良いか、第二言語語彙習得を元に検討する。具体的には、語彙の意図的学習・付随的学習、文脈からの語彙推測、干渉、記憶術、想起練習、分散学習などのトピックについて学ぶ。 
Wilkins (1972) once proclaimed, "Without grammar very little can be conveyed, without vocabulary nothing can be conveyed." As indicated by his statement, vocabulary knowledge is a prerequisite for successful communication. Given the importance of vocabulary knowledge for successful communication, this course explores a range of issues related to second language vocabulary acquisition. Topics covered will include intentional / incidental vocabulary learning, guessing words from context, interference, mnemonics, retrieval, and distributed practice. 
授業の
内容
Course
Contents
文献購読や講義を通して、第二言語語彙習得について学ぶ。また、文献・講義で紹介された概念や理論を実際に体験するための活動や、グループディスカッション等を通して、さらに理解を深める。最終的に、授業で学習した内容をふまえた語彙学習教材・活動を作成し、グループで発表する。 
Through reading assignments, lectures, and group discussions, students will acquire basic principles of second language vocabulary learning. Based on theories and concepts covered in class, students will also create vocabulary learning materials or activities in groups.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 「英単語を覚える」とはどういうことか?  
3. 覚えるべき単語の見分け方 
4. 語彙の意図的学習と付随的学習
付随的学習の促進方法 
5. テスト効果
正解できるはずがないテストの効果 
6. 最適な学習スケジュールとは? 
7. 復習間隔を徐々に広げることの効果
単語の最適な学習回数 
8. 関連語をまとめて覚えることの効果
語源で覚える英単語 
9. 記憶術を活用する
カタカナ語を利用した記憶術 
10. グループプロジェクト:コア・ミーニング1 
11. グループプロジェクト:コア・ミーニング2 
12. グループプロジェクト:適切な表現を探す方法1 
13. グループプロジェクト:適切な表現を探す方法2 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
期末課題(40%) 、学期中の課題(30%) 、クラスへの貢献度といった平常点(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中田達也  『英単語学習の科学』   研究社  2019  4327452890 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Nation, I. S. P.  Learning Vocabulary in Another Language   Cambridge University P  2013   
2. Nation, I. S. P. & Webb, S.  How Vocabulary Is Learned   Oxford University Press  2016   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP