シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習1
(Advanced Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 高橋 里美(TAKAHASHI SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 4252(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC3543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 定員:7名 
テキスト用コード (Text Code) DM716 



授業の
目標
Course
Objectives
各自の問題意識を学術的なテーマと結びつけることで「卒業研究」のテーマを設定することを目標とし,そのために必要な基礎的な事項(研究方法など)を身につけるための授業を行う。 
The goal of this seminar is to determine themes for Senior Research and Thesis by connecting students’ awareness of various issues with academic themes. Classes will help students master the fundamental elements (e.g., research methods) required to make this determination. 
授業の
内容
Course
Contents
第二言語習得に関連するテーマで卒業研究を作成するための基礎的・発展的な知識を獲得し,卒業研究のテーマを決定する。本演習では第二言語習得研究全般に関わる事項(母語転移や習得順序などの第二言語習得のメカニズム,学習者要因,教室内での第二言語習得,中間言語語用論など)を取り上げ,これらの事項に関連する先行研究の分析を通して知識の深化を目指すとともに,実証研究の成果検証の過程で的確なリサーチ・デザインの在り方について学んでいく。授業は,基本的に受講生による先行研究の講読・発表および討議によって進めていく。なお,扱うトピックは受講生の学術的関心や基礎的知識の程度を考慮して決めていく。 
Students will acquire fundamental and constructive knowledge for conducting their graduation thesis research on topics related to second language acquisition (SLA) and finalize the themes for their theses. This seminar will deal with various issues pertaining to SLA (e.g., mechanisms of SLA evident in language transfer and developmental sequences, individual differences, instructed SLA, and interlanguage pragmatics). Students will deepen their knowledge of these issues by reading previous works and learn about pertinent research methods while analyzing representative empirical studies. In-class activities will include reading papers related to students’ thesis topics—or any other papers on SLA—and delivering presentations on them, followed by class discussions. Topics for these activities will be determined on the basis of students’ academic interests and the levels of their basic knowledge regarding SLA. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 文献研究:発表と討議(1) 
3. 文献研究:発表と討議(2) 
4. 文献研究:発表と討議(3) 
5. 文献研究:発表と討議(4) 
6. 文献研究:発表と討議(5) 
7. 文献研究:発表と討議(6) 
8. 文献研究:発表と討議(7) 
9. 文献研究:発表と討議(8) 
10. 文献研究:発表と討議(9) 
11. 文献研究:発表と討議(10) 
12. 文献研究:発表と討議(11) 
13. 文献研究:発表と討議(12) 
14. 最終レポートについての発表 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、課題提出および口頭発表(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
プリント配付。
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回は対面実施とし, 以後は履修者との相談により決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP