シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 師岡 淳也(MOROOKA JUNYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 1101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM754 



授業の
目標
Course
Objectives
自ら設定したテーマについて研究計画を立て、先行研究の調査やデータの収集・整理など、卒業研究の成果物の作成をすすめていく。 
Students will create research plans on their chosen themes, investigate previous research, gather and organize data and progress toward writing the final versions of their graduation theses. 
授業の
内容
Course
Contents
説得コミュニケーション論(レトリック研究)という枠組みで、社会におけるコミュニケーション行為・現象を体系的かつ批判的に考察するための手法を学んでいく。また、1)研究テーマ、リサーチクエッション、分析手法の決定、2)先行研究のまとめ、3)分析テクストの収集および予備的分析など、卒業研究の調査・執筆を継続的に進めていく。 
Students will learn methods for systematically and critically analyzing communication in society within the framework of persuasion research/rhetorical studies. In addition, students will determine their research topics, research questions and analytical methods; review relevant literature; gather texts for analysis and conduct a preliminary analysis; and undertake other tasks necessary for completing a senior thesis on time. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業オリエンテーション 
2. 過去の卒業研究報告 
3. 卒業研究テーマ、リサーチクエッションの決定 
4. 説得コミュニケーションの分析手法(その1) 
5. 説得コミュニケーションの分析手法(その2) 
6. 卒業研究の概要および章立ての決定 
7. 卒業研究題目届の提出 
8. 先行研究のまとめ(その1) 
9. 先行研究のまとめ(その2) 
10. 分析テクストの予備的分析 
11. 序章の提出、修正 
12. 文献レビューの提出、修正 
13. 卒業研究中間発表会 
14. 夏休み中の研究計画書執筆、今学期のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
過去の卒業研究報告(10%) 、先行文献レビュー(20%) 、卒業研究リサーチプロポーザル(10%) 、卒業研究プロジェクト(60%)
テキスト
Textbooks
初回の授業で指示する。
参考文献
Readings
適宜、授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
学期中、最低1回は対面で授業を行う予定。対面授業の回数については、コロナウィルス感染の状況を見ながら、履修者と相談した上で決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP